猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

CakePHPのauth.phpでパスワードの認証ができない

投稿日:2013年7月17日 更新日:

Usersテーブルにusernameとpasswordを入れて、
チュートリアルにある簡単な認証画面でテストしたのですが、
どうしても認証できません。

データベースはMySQLを使用して、select md5(‘password’) で取得した値を
passwordに入れていました。

デバッグしてみると、auth.phpでSecurity.saltで設定している
ランダムの値が使用されていました・・・。
Security.saltの値プラス、フォームのpasswordの値をmd5に変換していたのです。

対応策は、事前に登録する値はselect md5(‘Security.saltの値password’)
で登録するか、Cakeでaddするか、以下のように修正するかのようです。

Securityコンポーネントでは、saltを使用するかをtrueかfalseで設定できますが、
肝心の呼び出し元であるauthコンポーネントではtrue固定となっていました。

auth.php
/**
 * Hash a password with the application's salt value (as defined with Configure::write('Security.salt');
 *
 * @param string $password Password to hash
 * @return string Hashed password
 * @access public
 * @link http://book.cakephp.org/view/1263/password
 */
	function password($password) {
		//return Security::hash($password, null, true);
		return Security::hash($password, null, false);
	}

これだけで相当はまりました・・・ :x001:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-

執筆者:

関連記事

CakePHPでSQLを直接実行する

正直find等を使用するのは面倒です。 SQLを直接実行するには以下のようにします。 $sql=’select count(*) as cnt, referer from acls where con …

CakePHPで簡単なjavascriptのサンプル

Viewに記述するだけの簡単なサンプルです・・・ ・・・ echo ‘<div class="submit"></div></form>’; ? …

CakePHP FormHelperでhidden属性を設定する

ユーザーIDなどのラベルなどで使用する変更できない値などを渡す場合に便利です。 echo $this->Form->hidden(‘User.cust_code’ ,array(‘valu …

PHPのダブルクォーテーションとシングルクォーテーション

PHPではどちらでも利用できます。 ダブルクォーテーション => 文字列中の変数を展開する シングルクォーテーション => 文字列中の変数を展開しない という違いがあるようですが、あまり意 …

CakePHP Appcontrollerで設定した変数を別のcontrollerで参照する

AppControllerで $this->set(‘custcode’,$cust_code); として企業コードを$custcodeにセットしたとします。 Viewから参照するには以下のよう …