猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

VMWare Workstation 14 Playerが利用できない…

投稿日:2018年4月3日 更新日:

VMWareでブリッジ接続できな

久しぶり仮想マシンを起動したところ、ブリッジ接続ができません。

ネットワークアダプターに「VMwarae Bridge Protocol」がなくなっています。

バージョンアップが必要なようです。

VMWare Workstation 14 PlayerはCPUが未対応だった

バージョンアップしたところ、

『このホストは、「Intel EPT」のハードウェア支援型 MMU 仮想化をサポートしません。

このホストは、リアル モードの仮想化をサポートしていません。この仮想マシンを Intel プロセッサで実行するには、Intel の「VMX Unrestricted Guest」機能が必要です。

モジュール CPUIDEarly のパワーオンに失敗しました。

仮想マシンの起動に失敗しました。』

というメッセージが出てどの仮想マシンも起動できなくなりました。

たしかインストール時に、CPUがサポートされていませんと表示されていました。

調べたところCPUがサポートされていないようでした。

VMWare Workstation 12 Playerにダウングレード

12なら大丈夫なようなので12にしました。

VMWare12

12をインストール後、ネットワークアダプターに「VMwarae Bridge Protocol」が表示されました…不要なアダプターにもチェックがついているので、利用したいネットワークアダプター以外のチェックは外します。

やっとホストとゲストの通信ができるようになりました。

もう10年以上使っているPCです。

CPUが仮想化技術に対応していないようです。WindowsのPROなのに、Hyper-Vも使えません。そろそろCPUの交換時期が迫っているようです。

2018/06/05 追記

Windowsアップデートをすると、Vmware上のcentosのWebサーバーにアクセスできなくなってしまった。よく見ると全てのネットワークアダプターの「VMwarae Bridge Protocol」にチェックが入っている。いつも使っている無線のアダプタ以外のチェックを外すとアクセスできた。
アップデート時のアダプター問題、何とかしてほしいです。環境を変えないでほしい。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux
-

執筆者:

関連記事

linux

linxuのパーミッションの設定(chmod)

ディテクトリやファイルには、グループ毎に読み込み、書き込み、実行の権限が付与できます。 確認方法 lsコマンドにlオプションを付けると確認できます。 # ls -l 合計 72 drwxr-xr-x …

opensslによる自己署名によるSSL

INDEX1 1.秘密鍵作成のための擬似乱数の情報を生成2 2.サーバ用秘密鍵(server.key)の作成3 3.認証局への署名要求書(server.csr)の作成4 4.署名要求書(server. …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …

linux

viのカーソルを先頭や指定行に移動する

gg  先頭に移動 G  最終行へ移動 XG  X行へ移動 行移動する場合は :でコマンドモードに移行して行番号を表示すれば便利です。 :set nu  行番号を表示します :set nonu 行番号 …

linux

linuxのユーザーセキュリティ

linuxでの管理者はrootです。 そのためsshによりrootで直接ログインできないようにすることが1つあります。 また、一般ユーザーでログインしてからsuコマンドでrootになるわけですが、 s …