猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux Windows

WSL Windows Subsystem for Linux

投稿日:2017年10月15日 更新日:

Windows Subsystem for Linux

私はvmware playerでCentOSを起動してつかっていました。何が違うのか、興味本位でWindows Subsystem for Linux を使ってみます。

インストール手順

多くのサイトに掲載されている通り、かなり簡単でした。

  1. WSL機能を追加する
  2. [Windows]+[X]キーでクイックアクセスメニューを出して、一番上にある[プログラムと機能]を起動し「Windows Subsystem for Linux」にチェックをいれます。その後再起動が必用です 。

  3. 開発者モードを有効
  4. [設定]>[更新とセキュリティ]>[開発者向け]>[開発者向け機能を使う]で[開発者モード]を選択する必用がるようです。
    実は以前よりこの設定はしていたので、本当にこの設定が必用かは検証していません。

  5. セットアップ
  6. 色々やり方があるようですが、管理者モードのコマンドプロンプトで

    lxrun /install
    

    と入力することでインストールできました。

    しかし「サポとされていないコンソール設定です。この機能を使用するには、従来の紺のs-るを無効にする必要があります」
    と表示されました。

    これはコマンドプロンプトのプロパティで、「従来のコンソールを使う(再起動が必用)」のチェックを外すだけで対応できました。

  7. インストール
  8. あとは言語の設定と、linxuユーザーの設定が聞かれたので、すなおに日本語で「y」と、linuxユーザーのユーザー名とパスワードを設定しました。

  9. 使い方
  10. コマンドプロンプトを起動して、「bash」と入力してください。
    直ぐにlinuxコマンドが利用できるようになります。

    ただし注意しなくてはいけないのは、WSLをもってそのままサーバーとしては利用できないことです。
    あなたの(私の)PCをそのままLinuxサーバーとしては利用できないようです。

    この切り分けはこれから検証がひつようなようです。大塚製薬 ネイチャーメイド E400 100粒

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux, Windows
-,

執筆者:

関連記事

windows

Windowsのrouteに設定するインターフェイスのindex番号の確認方法

routeを追加する windowsでルートを登録するのは 宛先:192.168.2.10/255.255.255.0 Gateway:129.168.0.254 インターフェイス:0x001 の場合 …

linux

ntpq -pの見方

ntpdを起動してもすぐには同期されません。 同期の状態を確認するのに使用するコマンドが ntpq -p です。 # ntpq -p remote refid st t when poll reach …

WMwareのネットワークアダプタ

WMwareのネットワークアダプタには3種類あります。 インストールすると勝手に VMware Network Adapter VMnet8 なるものが付随していきます。 INDEX1 ブリッジ接続( …

linux

fuserでファイルやソケットを使用しているプロセスを特定する

linuxでもプロセスを特定したい場合はあります。 fuseコマンドで確認できます。特にmaount関連は便利です。 オプション -a コマンドラインで渡されたすべてのファイルを表示する。 -k 指定 …

windows

Windowsのネットワークユーザーの変更・指定(netコマンド)

Windowsでは別サーバーの共有ディレクトリを参照する際にはユーザー名やパスワードを入力します。 そのユーザー名やパスワードは、参照しようとしているPCに登録されているユーザー名やパスワードです。 …