猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

写真

アクションカメラ MUSONは使い物になるのか?(購入レビュー)

投稿日:

アクションカメラとは

最近テレビでもアクションカメラをもった撮影をよく見かけます。

片手にもってシュノーケリングやダイビングで使用したり、自転車に装着したり、ヘルメットにつけたりと、様々なアクセサリーを使用することで、場所や環境を選ばず超高品質の動画や画像が簡単にとれます。旅先でのアクティビティーの思い出を残すにはもってこいのカメラなのです。

4Kを売りにしているだけあって、テレビで放送しても問題ない画質です。

このアクションカメラの代表作がまちがいないくGO PROでしょう。これを買えば間違いありません。お金に余裕があるかたは、これ以上読む必要はありません。

もし毎週のようにこのアクションカメラを使用したいのだったら迷わずこのシリーズの最新バージョンを買ってください。

 

 

MUSONとは

私を含め多くの方にとってはアクションカメラを使うのはたまーにある旅行などでしょう。

ただでさえスマホ、一眼レフ、(ドライブレコーダー)があるというのに、更にカメラを買うというのは、多くの方にとって値段の高さが大きなハードルになっているはずです。

そこで登場するのがGO PROの類似製品です。驚くほど安いです。そしてメーカーも山ほどあります。

私がAmazonのレビューを読みまくって購入したのがMUSONです。

 

 

MUSONは使い物になるのか?

結論から言うとなります。一応4Kということもあってかなり高画質の動画が撮影できました。

また、アクセサリーに入れて海中での使用もできました。

 

 

バッテリー

ただ、気になるところもあります。

バッテリーが約2時間しかもたない。これでよければ問題ありません。これではこまるのであればMUSONは使い物にならないかもしれません。

ただ、もともと予備バッテリーがついています。取り替える余裕があるのであれば、約2時間は利用できることになります。

しかも追加で2つほど別途購入したのですが、恐ろしく安いです。これも持ちが約1時間です。

 

 

画質

画質は問題ないのですが、たまに気づいたら4Kでなくなっているときがありました。もちろん画像は荒くなります。設定さえまちがえなければ問題ないのですが。。。

また、本体かSDの性能かは微妙ですが、動画がカタカタするときがあります。

シュノーケリングに何度か持って行ってやっと気づいたのですが、うまくとるにはできるだけ手を動かさないことでした。つまり、手ぶれ防止機能なるものが効いていないようです。(元々ないかもしれませんが。。。)

また光がとても重要です。感度が低いのでしょうか、海中では少し曇っているだけで大分画質が下がってしまいます。

もし夜のサイクリングなどに使うのであればきびしいかもしれません。

 

 

総評

悪いところを色々書きましたが、私としては値段なりの価値は十分あったと思います。

そもそも動画のサイズもかなり巨大になります。

4Kだと5分で2Gを超えます!あまり毎日記録して保管するには向かない気がします。

また、アクセサリーがGOPROのものを購入しても使用できるので、いつかGOPROを購入したら流用できるかもしれません。

私はこの自動り棒にMUSONをつけて使用しています。

かるーい気持ちで購入して、アクションカメラ生活をスタートさせましょう!

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-写真
-

執筆者:

関連記事

PQI Air Card とNikon D5100

Nikon D5100 で使用したくて PQI Air Card と SanSiskのExtreme Pro 16G Class10 をamazonで購入しました。 早速セットしたところ、『メモリーカ …

無限遠とパンフォーカス

いい写真をとるためには、 撮りまくって1万分の1のベストショットを狙うのもいいですが、 少しは勉強して確立を上げなくてはいけません :x001: 以下私なりの解釈も多分に含まれます・・・ INDEX1 …

シャッタースピード・絞り値・ISO感度・オートフォーカス

INDEX1 シャッタースピード2 絞り値3 ISO感度4 オートフォーカス シャッタースピード シャッタースピードを上げると暗くなります。ゆっくりだと明るくなります。 しかし、シャッタースピードがゆ …

一眼レフカメラを選択するにいたるまで

INDEX1 今持っているカメラでは物足りない・・・2 スマートフォンとデジカメ3 ミラーレスと一眼レフ4 CanonかNiconか 今持っているカメラでは物足りない・・・ と感じる時があるはずです。 …