猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

投稿日:

アメリカンニューシネマの1本。
mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。

いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく冴えています。
全く常軌を逸脱しており、現代でも通用するダメ人間っぷりに脱帽です。

そんな彼をかばい続けるチャーリー役に、これまた演技力抜群のハーヴェイ・カイテルです。

荒廃している町を見事に演出しています。

なおハーヴェイ・カイテルは、この後ロバート・デニーロが主演する「タクシードライバー」でも
ひそかに共演しています。

最後の最後まで、ジョニー・ボーイはダメなやつで、
チャーリー達を見捨ててにげていきます・・・

そこで終わります・・・

この映画はアメリカ議会図書館に保存されている名作でもりますが、
果たして内容はどうなのでしょうか。

マーティン・スコセッシ監督は、自らDVDの音声解説で「この作品にメッセージは存在しない」・・・これは映画ですらなく「それまでの私の人生そのものだ」と語っています。

正直ストーリーなどあってないようなものなのです。
日常を映しているようなものなのですから・・・

となると、私が見たいと思う映画かどうかの評価としては、つまらない映画になってしまいます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ローマ法王の休日」★☆☆☆☆(1)

初めの10分間はドキドキしました。 コンクラーベとうい日本人にはなじみのない法王を選出するシーンから始まります。 正直ここまでなら相当ランクの高い映画として評価するでしょう。 しかし、本題であるローマ …

映画「ライジング・ドラゴン」★★☆☆☆(2)

ジャッキーチェンが大好きなのでみてしまいました。 正直かなり残念な作品に思えます。 初めのアクションで、アクションらしいものは完結してしまいます。 中身も正直つまらないの一言です。 ただ、私が子供の時 …

映画「猿の惑星 新世紀」★★☆☆☆(2)

2011年の映画『猿の惑星: 創世記』の続編。 今でも猿の惑星をみてしまうのは、 昔テレビでみた猿の惑星の最後がニューヨークだった! とうい展開が衝撃すぎたからだろう。 あの日の衝撃を引きずりながらつ …

映画「リンカーン/秘密の書」★★★★☆(4)

リンカーンが実はバンパイアハンターだった! というストーリーです。 突拍子もない話しではありますが、 なかなか良くできているフィクションだと感じさせられます。 原作を読んではいないのですが、 話が随分 …

映画「ミヒャエル」★★☆☆☆(2)

35歳の少年愛者の誘拐犯、ミヒャエルとその被害者の10歳の少年の話。 実話ではないと思いますが、オーストリアでは実際にこのような事件が多発しているようです・・・。 仕事はそこそこできて、人間関係も多少 …