猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「おおかみこどもの雨と雪」★★★☆☆(3)

投稿日:

子供たちがとても愛らしく描かれています。
別々の生き方を選んでいく子供たちと、
けなげで明るいお母さんを見ていると、
見事に物語に引き込まれてしまいます。

個人的にはお父さんの死がいまいち納得できませんでした。
映像的には完成度は高いと思われます。

特に、実写とアニメの混合のようなシーンが印象的です。
実写なのか?きれいなアニメか?
よくわかりませんが、美しいの一言です。

個人的には、物語の展開があと一歩のように感じられました。

印象の多いシーンは多いのですが、
見終わった後味が、結局のところいまいちのように思えてしまいました。

いい線をいっているだけに、結構惜しい作品です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」★★★★☆(4)

誰が見てもそこそこ楽しめる映画といえるでしょう。 非常に残念なこと一つ。 私がスター・トレックを見たことがなく、知らないことです。 もし以前に見ていれば、思い入れも深くなり最高だったかもしれません。 …

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」★★☆☆☆(2)

 あまり外れたところはないと思うが、 目新しいものを何も感じないのがとても残念です。 とにかくオリジナリティに欠けています。  よくある死者が見えるパターンの主人公が活躍します。 最後の驚くべき展開! …

映画「大統領の執事の涙」★★★☆☆(3)

人種差別がテーマなので、そこそこ感動することは間違いない。 実話に基づく話らしいので、そこも評価されるべきだ。 実話をテーマにした作品は、脚色がなさ過ぎてつまらないか、 非常に感動する作品しかない。 …

映画「猿の惑星 新世紀」★★☆☆☆(2)

2011年の映画『猿の惑星: 創世記』の続編。 今でも猿の惑星をみてしまうのは、 昔テレビでみた猿の惑星の最後がニューヨークだった! とうい展開が衝撃すぎたからだろう。 あの日の衝撃を引きずりながらつ …

映画「50/50 フィフティ・フィフティ」★★★★☆(4)

主人公アダム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が平凡なので共感をさそいます。 そして、彼を取り巻く人々が、少ないのですがまた平凡かつ実際にいそうなタイプなので、 とりわけドラマチックな感じがしないなが …