猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

HTML

JavaScriptの記述場所

投稿日:

JavaScriptは

①ヘッダー
②ボディー
③タグ
④外部ファイル

に記述することが可能です。

そして大前提として

・関数は呼び出される前に定義されている必用がある。
・ブラウザはScript要素があると、解釈し終わるまで次の要素を読み込まない

という点があります。

そのため
簡単なクリック時の処理は「③タグ」に記述すればよいでしょう。

また関数は呼び出される前に定義する必要があるので、場合によっては「①ヘッダー」
に書かざる負えない場合もあります。

しかし可能な限り「③ボディー」に記述するべきです。
ブラウザはScript要素があると、解釈し終わるまで次の要素を読み込まない
からです。
「③ボディー」の中でもボディー要素の最後に記述するべきです。

「④外部ファイル」として保存する場合にも注意が必用です。
そこで処理がとまってしまっては、何も表示されないことになるからです。

なんだかレスポンス改善の余地がかなりありそうですね・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-HTML
-,

執筆者:

関連記事

HTMLのbrタグについて

以前からさまざまなbrタグを見てきました。 INDEX1 </br>か<br/>か2 <br/>か<BR/>か3 <br/>か<br …

HTMLとJavaScriptではシングルクォーテーションかダブルクォーテーションか

使用上はHTML、JavaScriptともに、シングルクォーテーションでもダブルクォーテーションでも使用可能です。 違いはありません。 しかし入れ子にしては使用できません。 両端は合わせる必要がありま …