猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

samba(共有)の設定手順

投稿日:

(1)smbをyumでインストールする

(2)linuxユーザーを追加する。

[root@centos ~]# useradd centos

※Sambaによるファイルサーバーを使うために新しいユーザーを追加する場合、
そのユーザーがLinuxにログインする必要がないなら、

[root@centos ~]# useradd -s /sbin/nologin ユーザー名」

のようにして、ログインができないように設定しておくと安全性が高まる。

(3)linxユーザーのパスワード

[root@centos ~]# passwd centos
Changing password for user centos.
New UNIX password:   ←★パスワードを入力
BAD PASSWORD: it is based on a dictionary word
Retype new UNIX password:   ←★パスワードを入力
passwd: all authentication tokens updated successfully.

(4)linuxユーザーをsmbaのユーザーに追加する

[root@centos ~]# pdbedit -a centos
new password:   ←★ここはsamba用パスワードの設定
retype new password:   ←★ここはsamba用パスワードの設定
Unix username:        centos
NT username:
・・・

(5)設定ファイルの編集

[root@centos home]# cat /etc/samba/smb.conf
[global]

#ワークグループ名の指定(Windowsのネットワークのドメイン名またはワークグループと同じにする)
   workgroup = WORKGROUP

#内部からのアクセスを可能とする(外部からはアクセスさせない)
   hosts allow = 127. 192.168.1.

#\\192.168.1.55\shareになる
   netbios name = share

#ログインしたユーザーのホームディレクトリの設定(今回ならcentosユーザーの/home/centos)
[homes]
        comment = Home Directories
        browseable = no
        writable = yes
;       valid users = %S
;       valid users = MYDOMAIN\%S

#共通で使えるディレクトリの設定
#ServerDirectory セクションの作成
#セクション名がWindowsから見える共有名になります
[ServerDirectory]
   comment = Server Directories
   path = /network  ←これがパス
   public = yes
   writable = yes

(解説)
workgroup = WORKGROUP
 ワークグループ名を指定する。
 Windowsの標準は「WORKGROUP」になっているはず。
netbios name = FILESERVER
 標準ではホスト名が共有サーバー名になるが、
 ほかの名前に変更することもできる。
hosts allow = 192.168.0. 127.
 Sambaへの接続を許可するIPアドレスを指定する。
 この例では192.168.0.と127.で始まるアドレスのみ接続できる
load printers = no
 プリンタを共有しないときはnoに変更
security = user
 ユーザー名とパスワードを使ってアクセス制御する。
 このほか、Windows95/98の共有レベルの制御などもある。
encrypt passwords = yes
 暗号化したパスワードを使うか。
 現在のWindowsはすべて暗号化パスワードに対応している。
unix password sync = yes
 SambaとLinuxのパスワードを同期させるか。
 yesにするとSambaのパスワードを変更したときに、
 Linuxのログインパスワードも同時に変更される。

(6)サーバー側でファイヤーウォールの設定をすることが必要なので注意。

[root@centos ~]# service smb restart
SMB サービスを停止中:                                      [  OK  ]
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux
-

執筆者:

関連記事

linux

viで行番号を表示させる

カーソルで移動しながらエラー行までいったりするのは大変です。 おまけにcatコマンドとは違い、画面のスクロールが利用できません。 一応右下に、カーソルの行が表示されているのですが、やっぱり行番号が必用 …

linux

ランレベルの設定と確認(chkconfig)

ランレベルは、linuxのサービスの起動設定です。 #chkconfig –list で確認できます。 0 システムの停止 1 シングルユーザーモード 2 マルチユーザーモード(NFSなし) 3 マ …

vmware toolのインストール

よくvmware toolのインストールを促す画面が表示されます。 ツールのインストールをクリックしましょう。 ↑のように自動でマウントしてくれます。 インストール方法が表示されますのでその通りに実行 …

windows

VMwarePlyaerでCentOSをインストールする

Linuxを勉強するためにはまずLinuxをインストールしなくてはいけません。 いらないPCがあればいいのですが、なかなかそうもいきません。 そこで、WindowsにフリーのVMwarePlayerを …

linux

viで先頭行・最終行・指定行へ移動する

■先頭 1G gg ■最後 G 最終行に移動します。 ■行指定 [数字]G :[数字] 最後に、行番号の表示 :set nu たまーに大きなファイルを開くと必要になるんですよね :x001: 【改訂新 …