猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

Warning (2): Cannot modify header information – headers already sent by (output started at ・・・

投稿日:

echoで少し大きめのhtmlのレスポンスを返そうとすると発生しました。

ヘッダーがすでに送られているとかなんとか・・・

結論からいいますと、
/etc/php.ini
で以下の修正をするとなおりました。

;output_buffering = 4096
output_buffering = On

これでバッファリング機能がONになり、すべての出力処理が終わってからまとめてヘッダを送るのでエラーがでなくなるとのことです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-

執筆者:

関連記事

CakePHPでControllerからViewへデータを渡す時の注意点

Controller側で $this->set(‘hensu’,$role); $this->set(‘aaa’,’xxx’); としてやれば、View側で ; ; として値を取り出すこと …

CakePHPのVaridationのalphaNumeric(半角英数字)は正常に機能しない

alphaNumeric(半角英数字)だけは何故か機能せずにパスしてしまいました。 カスタムチェックにするのが一番手っ取り早いようです。 応用すればオリジナルVaridationが簡単に作成できます。 …

CakePHP Appcontrollerで設定した変数を別のcontrollerで参照する

AppControllerで $this->set(‘custcode’,$cust_code); として企業コードを$custcodeにセットしたとします。 Viewから参照するには以下のよう …

CakePHPのauth.phpでパスワードの認証ができない

Usersテーブルにusernameとpasswordを入れて、 チュートリアルにある簡単な認証画面でテストしたのですが、 どうしても認証できません。 データベースはMySQLを使用して、select …

CakePHP FormHelperでhidden属性を設定する

ユーザーIDなどのラベルなどで使用する変更できない値などを渡す場合に便利です。 echo $this->Form->hidden(‘User.cust_code’ ,array(‘valu …