猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

Warning (2): Cannot modify header information – headers already sent by (output started at ・・・

投稿日:

echoで少し大きめのhtmlのレスポンスを返そうとすると発生しました。

ヘッダーがすでに送られているとかなんとか・・・

結論からいいますと、
/etc/php.ini
で以下の修正をするとなおりました。

;output_buffering = 4096
output_buffering = On

これでバッファリング機能がONになり、すべての出力処理が終わってからまとめてヘッダを送るのでエラーがでなくなるとのことです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-

執筆者:

関連記事

CakePHP Viewのラベルを変更する

デフォルトでは列タイトルがそのまま表示されてしまいます。 分かりやすい日本語表示に変更します。 INPUTの場合は以下のようにします。 <div class="companies fo …

asp

IIS(ASP.NET)ではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

以前「タスクタスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない」 という記事を記載したが、ASP上でも同じことが言えます。 ASPも実行するのがログインしているユーザーとはことなり …

CakePHPで定数を定義する

定数の定義には Configの下にconst.php を作成するのが一番良いかと思われます。 そのために、 Config/bootstrap.php に require_once(‘con …

CakePHP query時のキャッシュをオフにする方法

Controllerのアクション内で 更新とSELECTをループすると正常な値が取得できません。 それはCakePHPがキャッシュを見てしまうからです。 キャッシュをオフにするには、 第二引数をfal …

CakePHPの初期画面を変更する

/Config/routes.phpを編集すればOKです。 もちろん事前に対応するページを作成しておかなくてはいけません。 まずはbakeコマンドでサンプルページを作成しておけばスムーズに開発できるで …