猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

Warning (2): Cannot modify header information – headers already sent by (output started at ・・・

投稿日:

echoで少し大きめのhtmlのレスポンスを返そうとすると発生しました。

ヘッダーがすでに送られているとかなんとか・・・

結論からいいますと、
/etc/php.ini
で以下の修正をするとなおりました。

;output_buffering = 4096
output_buffering = On

これでバッファリング機能がONになり、すべての出力処理が終わってからまとめてヘッダを送るのでエラーがでなくなるとのことです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-

執筆者:

関連記事

PHPのダブルクォーテーションとシングルクォーテーション

PHPではどちらでも利用できます。 ダブルクォーテーション => 文字列中の変数を展開する シングルクォーテーション => 文字列中の変数を展開しない という違いがあるようですが、あまり意 …

CakePHP query時のキャッシュをオフにする方法

Controllerのアクション内で 更新とSELECTをループすると正常な値が取得できません。 それはCakePHPがキャッシュを見てしまうからです。 キャッシュをオフにするには、 第二引数をfal …

CakePHPの初期画面を変更する

/Config/routes.phpを編集すればOKです。 もちろん事前に対応するページを作成しておかなくてはいけません。 まずはbakeコマンドでサンプルページを作成しておけばスムーズに開発できるで …

CakePHP Appcontrollerで設定した変数を別のcontrollerで参照する

AppControllerで $this->set(‘custcode’,$cust_code); として企業コードを$custcodeにセットしたとします。 Viewから参照するには以下のよう …

CakePHPで簡単なjavascriptのサンプル

Viewに記述するだけの簡単なサンプルです・・・ ・・・ echo ‘<div class="submit"></div></form>’; ? …