猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

Warning (2): Cannot modify header information – headers already sent by (output started at ・・・

投稿日:

echoで少し大きめのhtmlのレスポンスを返そうとすると発生しました。

ヘッダーがすでに送られているとかなんとか・・・

結論からいいますと、
/etc/php.ini
で以下の修正をするとなおりました。

;output_buffering = 4096
output_buffering = On

これでバッファリング機能がONになり、すべての出力処理が終わってからまとめてヘッダを送るのでエラーがでなくなるとのことです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-

執筆者:

関連記事

PHP execで別exeが実行できない

他のサイトでも色々紹介されていますので、あまり紹介されていないパターンのご紹介です。 どうしても実行できないときは、まずexecを呼び出しているときのカレントワーキングディレクトリを確認してください。 …

asp

IIS で エラー コード 0x80070021 が発生した場合の対処法

Visual Studio でlocalのwebサイトに発行し、下記エラーが発ししました。 Visual StudioはExpress 2013 for web。 LocalのIISはWindows8 …

CakePHPで定数を定義する

定数の定義には Configの下にconst.php を作成するのが一番良いかと思われます。 そのために、 Config/bootstrap.php に require_once(‘con …

CakePHPのlayoutを指定する

ログイン画面ではメニューが不要であったりと、 レイアウトを変更したい場合はコントローラーのアクションで以下のように指定します。 View/Layout/配下に作成したレイアウトを指定すればよいのですが …

CakePHPからphpスクリプトをバックグラウンドで起動する

時間のかかる処理がある場合、 phpスクリプトをキックするだけで画面ではレスポンスを返したい場合があります。 app/Console/Command/text.php に実行したいphpスクリプトを置 …