猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

VMwarePlyaerでCentOSをインストールする

投稿日:2013年6月29日 更新日:

Linuxを勉強するためにはまずLinuxをインストールしなくてはいけません。
いらないPCがあればいいのですが、なかなかそうもいきません。
そこで、WindowsにフリーのVMwarePlayerをインストールして、
Windows上でLinuxを起動させる方法です。

VMwarePlyaerのインストール

vmwareのホームページよりダウンロードしてインストールします。
Playerはフリーですので、勉強にはもってこいです。

vmwareのホームページ

仮想ディスクを作成する(不要)

以前はこの作業が必要でしたが、今のWMwarePlyaerでは不要になりました。
そのためこの仮想ディスクを作成する作業は不要です。
防備録のために書いているだけ・・・ :x001:

仮想OSであるLinuxが使用する仮想ディスクを作成します。
qemuというソフトをダウンロードして使用しましょう。

qemuのダウンロードはこちらら
私の場合、
QEMU on Windows Ver 0.13.0
をダウンロードしzipを展開すると、一番上のディレクトリにqemu.exeがあります。
(binの中ではありません)

コマンドプロンプトで解凍したディレクトリのqemu.exeがある場所まで移動して、
qemu-img create -f vmdk centos.vmdk 20G
とすれば作成されます。
20Gいきなり消費されるわけではないので、適当に指定しておけばよいでしょう。
ちなみに2M強のファイルが作成されます。

C:\>cd C:\qemu-0.13.0-windows
C:\qemu-0.13.0-windows>qemu-img create -f vmdk centos.vmdk 20G

vmxファイルを作成する(不要)

この作業も不要です・・・ :x001:
ウィザードがあるので自動で作成してくれます。

vmxファイルはvmwraeの構成ファイルです。
中身はテキストです。
今回はC:\vmware\centos6.4\centos.vmxというファイルを作成して中身を以下のように編集します。

config.version = "8"
memsize = "256"
ide0:0.present = "true"
ide0:0.fileName = "windowsxp.vmdk"
ide1:0.present = "true"
# CD-ROMを利用
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "atapi-cdrom"
# ISOイメージを利用する場合はこちらのコメントを外す
# ide1:0.fileName = "/path/to/foo.iso"
# ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ethernet0.present = "true"
ethernet0.connectionType = "bridged"
#ethernet0.connectionType = "nat"
guestOS = "centos"
#guestOS = "otherlinux"
# Other Linux 2.4.x kernel
#guestOS = "other24xlinux"
# Other Linux 2.6.x kernel
#guestOS = "other26xlinux"

このあたりで、仮想OSのディレクトリ作成しておきます。
今回はCentOS6.4をインストールするので、
C:\vmware\centos6.4
というディレクトリを作成して、この中に作成したcentos.vmdkを移動しておきます。

CentOSのダウンロード

CentOSの本家は http://www.centos.org/
になります。

上部のメニューにあるDownloadsを選択。

上部のCentOS Download Informationの中のCentOS Public Mirror Listを選択。

上部にあるSouth American, Asian, Oceania, Middle Eastern, African and Other Regional Mirrors
を選択。

State (Area)がJapanのどこかのサイトのFTPを選択。
(分からなければRIKENでも選んでおけばよいでしょう)

お好みのバージョンもしくは最新のバージョンのディレクトリを選択。
今回は現状の最新バージョンであるディレクトリ 6.4を選択します。

ディレクトリ isosを選択

32ビットの場合はi386、64ビットの場合はx86_64を選択。

CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso
CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD2.iso
をダウンロードします。
ダウンロードにはそれなりの時間がかかりますので注意。

VMwarePlyaerでダウンロードしたISOをインストールする

WMwarePlayerを起動して、新規仮想マシンの作成を選択します。
あとはウィザードに従って、ダウンロードしたISOを選択するだけでインストールが開始します。
CentOS6.xの場合はメモリーを1024以上割り当てないとGUIでのインストールができませんので注意してください。
もしメモリーが足りなければ、512を割り当ててGUIなしでインストールするか、CentOS5.X系をインストールしましょう。

新規仮想マシン作成を選びます
vmware1

インストーラーディスク イメージ ファイル にダウンロードしたISOを選択します。
vmware2

ユーザー名とパスワードは忘れないようにしましょう。
vmware3

仮想マシン名は、複数の仮想マシンを区別するための名前です。
場所は仮想マシンのデータの場所です。ここをコピーしておけば仮想マシンをバックアップできるので忘れずに。
vmware4

いきなり20Gのファイルができるわけではないので安心してください。
後から変更できます。
vmware5

次へをクリックするとインストールが開始します。

長々書きましたが、VMwarePlyaerとインストールしたISOさえあれば簡単なんです。

インストール後

初めてVmwareとLinuxを使う人へのヒントです。

VmwareのCentOS上で右クリックして「Open in terminal」を選択しましょう。
コマンドプロンプトのようが画面がでるのでifconifgと入力します。
ipconfigではなくifconfigです。
IPアドレスが確認できます。

次にPuTTyというソフトをWindowsにダウンロードしてきましょう。
カテゴリ > リモートの文字セットはUTF-8 (CJK)を選択しておきます。

Puttyから先ほどのIPアドレスを入力してLinuxに接続します。

TelnetではなくSSHを使用して接続します。
インストール時に入力したユーザーとパスワードを使用します。
Telnetは平文なのでLinuxに接続する際に使用することはないでしょう。

これであなたもLinuxユーザーの仲間入りです :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux
-,

執筆者:

関連記事

linux

NFSをmountする

NFS(Network File System)をmountする方法です。 共有したいディレクトリを持つサーバーにNFSの設定をして、そこを参照したいサーバーでmountします。 INDEX1 NFS …

linux

opensslでクライアント用証明書を作成する

opensslでderやcerを作成する方法です。 ・derを作成する # openssl x509 -inform pem -in /etc/httpd/conf/cert/server.crt – …

opensslによる自己署名によるSSL

INDEX1 1.秘密鍵作成のための擬似乱数の情報を生成2 2.サーバ用秘密鍵(server.key)の作成3 3.認証局への署名要求書(server.csr)の作成4 4.署名要求書(server. …

linux

viで行を削除する

INDEX1 カーソルのある行から削除する2 指定した行を削除する3 特定の行で、カーソルの前後を削除する カーソルのある行から削除する ノーマルモードで dd でカーソルのある行を削除できます。 数 …

linux

linuxのディレクトリの削除

ディレクトリの削除にはrmdir(remove directory)を使用します。 #rmdir directory しかし、これでは削除対象のディレクトリにファイルやサブディレクトリがあれば削除でき …