猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

iOS Windows

Mac用HFS+の外付けディスクをWindowsで共有する

投稿日:2013年5月7日 更新日:

MacとWindowsで、共有の外付けハードディスクを使用したい・・・。
しかしMacで使用しているHFS+というフォーマットの外付けはWindowsではドライブの認識すらしてくれません。

一番簡単な方法がFAT32でディスクをフォーマットすることです。
しかし、古いフォーマット(現在のWindowsのメインはNTFS)のなので、
たったの4Gまでのファイルしか作成できません。

私がやりたかったのは、
iphotoのライブラリーのバックアップや、
Lightroomのライブラリを共有したりといったことです。
この4G縛りはあまり好ましくありません・・・。

次に考えられるのがNTFSでフォーマットしたものを、
Macでも読み書きできるようにすることです。
これはフリーソフト(NTFS-3G for Mac OS X)もあるようなので試してみたいところですが、
私は既に数日間かけて大量のデータをHFS+のディスクにまとめてしまいました・・・。
今回これらを更に別のディスクに移してNTFSに再フォーマットする余力はありません。
こうした個人的事情により却下されました。

次にWindowsでHFS+のファイルを読み書きする方法です。
読み込みだけならフリーのソフトが見つかります。
しかし書き込みのできるフリーソフトはありません。
正直このご時世悪意を感じてしかたありません。

そこで有償ソフトを探してみると2つの候補があがります。
MacDrive と Paragon HFS+ for Windows
です。
どちらも試用できるのが嬉しいところです。
あっさり
Paragon HFS+ for Windows
にきまりました。

理由は価格です。
MacDriveはスタンダードで9,800円。
Paragon HFS+ for Windows 2,100円。
正直2,100円もアホらしくてしかたありません・・・。

Paragon HFS+の試用版をためしたところ、
HFS+のフォーマットのディスクを通常の外付けのように認識してドライブに割り当てをしてくれます。
更に!macで作成したLightRoomのライブラリをクリックすると、そのままWindowsでも編集できるではありませんか!!
素晴らしい!!

とおもいますが、正直これぐらできて当然だろとおもってしまいました・・・。
試用版が有効期限がなくなるころにはライセンスを購入することになるでしょう

【追記】
予定通り購入しました。
ライセンスを入力してもハードが認識しない!!
と一瞬あせりましたが、再起動後は大丈夫でした。

フリーで同様のものはない以上、現段階では最もコストパフォーマンスが高い商品と思われます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-iOS, Windows

執筆者:

関連記事

route deleteで削除できないルート

route deleteで削除できないルートがあります。 それは、 ネットワーク接続 > プロパティ > インターネット プロトコル XXX   > プロパティ > 詳細設定 によって設定されているI …

windows

Windows XPでシンボリックリンクを使用する(linkd)

vistaでは使用できますが、XPではデフォルトでは使用できません。 Microsoftからrktools.exeをダウンロードしてインストールしましょう。 ダウンロード インストールした後に、コマン …

tracertで表示されるIPとは

ネットワークエンジニアでなくても ルートの確認に使用したことがあるだろう tracert(windows) traceroute(linux) のIPはどこのIPなのでしょうか。 ネットワークが変わる …

windows

EXCELのIF関数で複数条件を指定する

先日やろうと思ったらできない・・・。 いままでEXCELで複数条件を指定したことがなかったことに気付きました。 そしてなんと!! EXCELでは AND や OR は関数なのです! つまり 条件A A …

windows

Windows8.1の無線LANアダプター(WN-G300UA)でwifiのアクセスポイント(MZK-SA300D)が見えなくなった時の対応

手軽なwifiのアクセスポイント(MZK-SA300D)を使用していました。 しかし突然、頻繁に通信ができなくなりました。 繋がっては切れるの繰り返しです。 それがかなり続き、PC側の問題かもしれない …