猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

EXCELでセルの値を比較する時の注意点

投稿日:2013年4月16日 更新日:

=IF(A2=B2,"同じ","異なる")

と言った関数を私はよく使用します。
テストデータの比較には、EXCELは非常に役に立ちます。
そんなことしてるのは私だけでしょうかね? :x001:

このA2=B2という比較方法には注意が必要です。
EXCELは、表示する際に自動で数値か文字かを判断して表示しているからです。

セルの書式が一方は標準、一方は文字列としていれば、値は同じ1という数字でも
A2=B2はFalseを返します。

EXACT関数で比較する

対応方法としては、同じ型に変換してから比較します。
A2=B2の部分を
EXACT(A2,B2)としてやればよいでしょう。
EXACT関数は文字列として比較してくれますので、思った結果になるはずです。

=IF(A2=B2,"同じ","異なる")
 ↓
=IF(EXACT(A2,B2),"同じ","異なる")

TEXT関数を使う

文字列にしてから比較すればいいわけですから、
TEXT関数を使っても同じです。

=IF(A2=B2,"同じ","異なる")
 ↓
=IF(TEXT(A2)=TEXT(B2),"同じ","異なる")

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

コマンドプロンプトからexeを起動したときの戻り値(終了コード)を取得する

コマンドを実行したときの結果は echo %ERRORLEVEL% で確認することができます。 しかし自分で作成したexeの終了コードを取得するには start /wait で実行しましょう。 sta …

windows

タスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

タスクスケジュールに別サーバーへログファイルを移動するバッチを登録する、などよくある話です。 例えば、Aサーバーにはログがたまっていて、Aサーバー上では毎朝3時にBサーバーのバックアップフォルダにログ …

windows

telnetでポートが開いていることを確認する

インターネット上でテストをする際には、 ルーターでpingを返さないことはざらにあります。 そんな場合でも、相手のアプリが指定したポートだけは開けていなくては話になりません。 そんな場合にはtelne …

windows

コマンドプロンプト(バッチ)で日時を使用する

ログやファイル名にやっぱり付けたいのが日時です。 INDEX1 文字列の抜き出し2 文字列の置き換え3 日時を取得するバッチ 文字列の抜き出し c:\>echo %date% %time% 20 …

windows

csvの数値をエクセルで正しく表示する方法

csvファイル(カンマ区切りファイル)をエクセルで開くと、 先頭のゼロが消えたり、勝手に日時に変換されたり面倒です。 それを理解した上で、 文字列として開いてくれたり、いっそのことメモ帳で開いてくれる …