猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ntpdの設定

投稿日:2013年4月15日 更新日:

ntpの設定は/etc/ntp.confで行います。
serverさえ設定してしまえばいいわけですが、
その他設定も少しあります。

restric

restrictはセキュリティオプションです。

ignore:指定したサーバからのすべてのNTPアクセスを受け付けない。
noquery:サーバの設定変更等に使用される NTPパケットを受け付けない。
notrust:時刻問い合わせに応答するが、自身の時刻合わせには使用しない
nomodify:指定したサーバからの設定変更要求パケットを受け付けない。
notrap:指定したサーバに対してNTP情報を返さない。noqueryと異ことなり、応答をしない。
nopeer:指定ホストと相互に同期しない
kod:”Kiss of Death”の略。もう問い合わせをするなと返す。受けとったクライアントはもう問い合わせを行わなくなる。
restrict default ignore //全てのNTPを無視をデフォルト設定
restrict 192.168.0.0     //ローカルからは許可

server

一番重要な設定です。
これができれていれば動作するはずです。

server:参照するntpサーバーを設定する。DNSでもIPでよい。
prefer:できるだけこのサーバーを参照するようにとのオプション。
minpoll、maxpoll:時間が大きくずれている場合はminpollの間隔、ずれがすくなくなったらmaxpollの間隔で時間を合わせる。2のn乗の値を指定する。maxpoll のデフォルト値は 10 (1024秒) 。
fudge:電波時計などのハードウェアから時間を読み取る設定のようですが、不明。
strtum:サーバーの階級を表し、1が最高。stratum の高いサーバを、低いサーバに同期させようとしてはいけない。
server ntp.nict.jp prefer maxpoll 11  //なるくこのサーバーに合わせる。
server time.windows.com maxpoll 11    //ダメな時のサーバー。
server  127.127.1.0     # local clock //恐らく不要
fudge   127.127.1.0 stratum 10        //恐らく不要   

driftfile

NTPのずれを記録し、サーバーにアクセスできなくなっても、履歴から算出してずれを直してくれます。

driftfile /var/lib/ntp/drift

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

PHPでは文字列の比較に==を使用してはいけない

==を使用しても、文字列の比較にはなりません。 必ず「===」もしくは「strcmp」を使いましょう! 否定する場合は「!==」です。 もし「==」とすれば”00″は&#822 …

linux

findとxargsとgrep

ファイルやディテクトリを検索するfindコマンド。 標準入力からにコマンドを作成するxargs。 これらを利用して、findで見つけたファイルのなかからgrepで必用な行を抜き出せます。 INDEX1 …

vimを使ってPHPをデバッグする(xdebug+debugger)

以前xdebugのインストールを紹介しました。 このxdebugがインストールされていることが前提です。 WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにx …

linux

LinuxでBase64を扱う

Base64は暗号化としてよりも、HTTPでスペースやら記号などやりとりできない文字を置き換えて送受信する場合によく利用されます。 Linuxで簡単に使用できるBase64のエンコードやデコードの方法 …

linux

VMWare Workstation 14 Playerが利用できない…

INDEX1 VMWareでブリッジ接続できな2 VMWare Workstation 14 PlayerはCPUが未対応だった3 VMWare Workstation 12 Playerにダウングレ …