猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ntpdの確認

投稿日:2013年4月3日 更新日:

NTP(NetworkTimeProtocol)はサーバー管理には必須の機能の一つです。
ntpdの設定はここでは省略します。
ここでは確認方法を紹介します。
がまずは手動で同期させる方法です。

手動で同期させる

ntpdate [サーバー]
注意しなくてはいけないのは、ntpdが停止していないと使用できないことです。

# service ntpd stop
ntpd を停止中:                                             [  OK  ]
# ntpdate ntp.nict.jp
29 Mar 08:51:01 ntpdate[16331]: adjust time server 133.243.238.244 offset -0.075489 sec

同期の様子を確認する

ntpq -p で同期の様子を確認できます。
こちらはntpdateとちがい、ntpdが起動している必要があります。

# ntpq -p
ntpq: read: Connection refused
# service ntpd start
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]
# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 ntp-a2.nict.go. .NICT.           1 u    5   64    1   92.996   46.836   0.001
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l    4   64    1    0.000    0.000   0.001

offsetがremoteとのずれをミリ単位であらわしたものです。
同期中の場合はremoteの先頭に*がつきます。

同期ができるか確認する

特定のサーバーと、正しく同期がとれるかは
ntpdate -d [サーバー]
で確認できます。
だらだらと表示されますが、
最終行が
29 Mar 09:05:17 ntpdate[16801]: no servers can be used, exiting
だった失敗。
29 Mar 09:02:40 ntpdate[16736]: adjust time server 133.243.238.163 offset 0.015499 sec
だったら成功です。
以下成功例

# ntpdate -d ntp.nict.jp
29 Mar 09:02:39 ntpdate[16736]: ntpdate 4.2.2p1@1.1570-o Sat Dec 19 00:58:17 UTC 2009 (1)
Looking for host ntp.nict.jp and service ntp
host found : ntp-a2.nict.go.jp
transmit(133.243.238.243)
receive(133.243.238.243)
・・・
receive(133.243.238.164)
transmit(133.243.238.164)
server 133.243.238.243, port 123
stratum 1, precision -20, leap 00, trust 000
refid [NICT], delay 0.11090, dispersion 0.00266
transmitted 4, in filter 4
・・・
reference time:    d50039a0.00000000  Fri, Mar 29 2013  9:02:40.000
originate timestamp: d50039a0.63c42670  Fri, Mar 29 2013  9:02:40.389
transmit timestamp:  d50039a0.4f8012df  Fri, Mar 29 2013  9:02:40.310
filter delay:  0.11719  0.12044  0.11566  0.12074
         0.00000  0.00000  0.00000  0.00000
filter offset: 0.029999 0.031675 0.029466 0.031594
         0.000000 0.000000 0.000000 0.000000
delay 0.11566, dispersion 0.00107
offset 0.029466

29 Mar 09:02:40 ntpdate[16736]: adjust time server 133.243.238.163 offset 0.015499 sec

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

SSLオフロードとSSLリダイレクト・リダイレクト

最近のロードバランサーやるルーターにはSSLオフロードという機能がついています。 それは実際のWebサーバーではSSLの暗号回復をせず、ロードバランサーやルーターで行うといったものです。 それにより、 …

linux

SELinuxの概要

INDEX1 SELinxの概要2 SELinxのチェックの流れ3 確認4 ドメインの確認 SELinxの概要 プロセスがファイルなどのリソースにアクセスする際に、通常のLinuxのアクセス制御(パー …

linux

linuxのユーザーの基本

linuxではインストール時に管理者権限をもつrootというユーザーが作成されます。 その後はwindows同様に一般ユーザーを作成したりして管理していきます。 ユーザーはいずれか、もしくは複数のグル …

linux

samba(共有)の設定

ユーザーのホームディレクトリを隠す publicは見せたいがユーザーのホームディレクトリは非表示にしたい場合がある。 その場合は/etc/samba/smb.confの [global]設定のデフォル …

linux

mailコマンドでメールを読む

linxを操作していれば必ず発生しているのが You have mail in /var/spool/mail/root です。 メッセージの通り/var/spool/mail/root とにあり、ア …