猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ぼくたちのムシュ・ラザール」★★★☆☆(3)

投稿日:2013年4月1日 更新日:

自殺した女性教師の代わりに来た、アルジェリア移民の先生と生徒達の話しです。

この手の映画には非常につまらない作品も多いので、一か八かで見てみました。
結構淡々としている感はあるのですが、いまいちな先生と生徒との関係が、
だんだん見逃せなくなってきます。

ものすごく笑ったり感動したりするものではないのですが、
それが逆に共感をそそられます。

子供らしい心理描写が、見ている大人を引きつけるのではないでしょうか。
見てそんはないと思いました。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ウルヴァリン: SAMURAI」★★★☆☆(3)

ヒュージャックマン演じるミュータント・ウルヴァリンの演技には、 相変わらずすごいの一言です。 今回面白いのが、舞台が日本というところ! 日本語も多く飛び交っています。 日本人ならではこそ、 あれ!?と …

映画「レンタネコ」★★★☆☆(3)

恐らく荻上直子監督の感性と私の感性に共通点がほとんどないのでしょう。 内容は全く面白くありませんでした。 ただ猫の演技?には目をみはるものがあります。 我が家にも「さーこさん」という猫がいるのですが、 …

映画「マン オブ スチール」★★☆☆☆(2)

 スーパーマンシリーズです。 私が思うに、これはシリーズでいえばゼロ、つまり最初の話にあたるものだと思います。 スーパーマンの誕生にまつわる物語です。  そのためスーパーマンがデイリープラネットという …

映画「ミヒャエル」★★☆☆☆(2)

35歳の少年愛者の誘拐犯、ミヒャエルとその被害者の10歳の少年の話。 実話ではないと思いますが、オーストリアでは実際にこのような事件が多発しているようです・・・。 仕事はそこそこできて、人間関係も多少 …

映画「ダラス・バイヤーズクラブ」★★★★★(5)

超辛口の私が、久々につけた★5評価(私の中での最高評価)です。 あなたにとって、名作の基準とは何でしょうか。 私の中では、映画を見た時に、どれだけ勇気付けられるか、励まされるか、です。 (つまり、私が …