猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「コンスタンティン」★★★★★(5)

投稿日:2013年1月25日 更新日:

既に3回は見てしまっている事でしょう。
何回見ても面白い!

キアヌ・リーブス演じるジョン・コンスタンティンが悪魔払いをしていきます。
当然CGだらけですが、気持ちわるい悪魔たちが近代的に描かれており、アクションは爽快です。

ピーター・ストーメア演じるサタンも、悪魔というを人間外の存在を見事に表現しており画期的です。

見ていて面白いので、見ていない人にはお勧めです :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ファイブ・イージー・ピーセス(Five Easy Pieces)」★★★★★(5)

ジャック・ニコルソン主演のアメリカン・ニューシネマの傑作の一つです。 裕福な音楽家の家庭に生まれたジャック演じるボビーの ダメ人間っぷりが最高です! :x002: 彼の持ち味を恐ろしいまでに発揮してい …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …

映画「それでも夜はあける」★★★★☆(4)

アメリカの奴隷制度を題材とした実話です。 この類の実話を映画を通して伝えていくことは映画の役割なのではないか、と最近私は思います。 奴隷制度いかに理不尽であるかを、この映画は十分に伝えています。 また …

映画「LIFE」★★★★☆(4)

似たようなタイトルが多数ありますが、これは雑誌「LIFE誌」のデジタル化に伴うリストラの話です。 素朴な主人公がリストラに直前になりながら、新しい世界を体験していきます。 痛快です!!スッキリします! …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …