猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux Network

opensslによる自己認証局と自己署名によるSSL

投稿日:2013年1月4日 更新日:

自己認証局を開設によるSSLと自己署名によるSSLは何がちがうのでしょうか。
それはサーバの署名要求書(server.csr)を何を使って署名しているかが異なります。

自己認証局を作成した場合には認証局用秘密鍵(ca.key)を使って署名します。
自己署名の場合にはサーバー用秘密キー(server.key)を使って署名します。

ssl

見て頂ければわかる通り、自己認証局を作成する方が少し大変です。
しかし手順は非常ににています。

次回から2回に分けて自己署名によるSSLと、自己認証局の開設によるSSLの方法を掲載します。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux, Network
-

執筆者:

関連記事

linux

wgetの利用方法

linuxにある強力なget、post等ができる便利なコマンドがwgetです。 私はvmware上で起動させているlinux(CentOS)から、このコマンドでサーバーへgetやpostを行ってよくテ …

linux

ntpq -pの見方

ntpdを起動してもすぐには同期されません。 同期の状態を確認するのに使用するコマンドが ntpq -p です。 # ntpq -p remote refid st t when poll reach …

linux

Linuxの再起動 shutdown

shutdown、init、halt、rebootとlinuxには様々な再起動方法があります。 これらの違いは、linuxはssh等で複数ユーザーがログインしている可能性があるため、 各ユーザーにメッ …

linux

viの基本的な操作方法

linuxって初めての方にとっては敷居がちょっと高いと感じます。でも最近はフリーのVmware Playerを使ってだれでもWindows上で動かすことができます。結構サーバーとしては利用していること …

linux

linuxのユーザーセキュリティ

linuxでの管理者はrootです。 そのためsshによりrootで直接ログインできないようにすることが1つあります。 また、一般ユーザーでログインしてからsuコマンドでrootになるわけですが、 s …