猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

コマンドプロンプト(バッチ)でファイル毎の処理をする

投稿日:2012年12月23日 更新日:

forでファイル毎の処理をする

コマンドプロンプトのforには強力な/Fオプションがあります。

set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
cd c:\xxx
for /F %%a in ('dir /b /s *%yyyy%%mm%%dd%*.dmp') do "c:\yyy\zzz.exe" %%a

コマンドプロンプトで動作確認する場合は%%aは%です。
dirに/bをつけるとファイル名のみ取得できます。
dirに/sをつけるとサブディレクトリも表示します。
これで特定の日付yyyymmddとなまえのついたファイルを処理することができます。

しかしコマンドプロンプトには大きな問題があり、日付処理が面倒です :x001:
前日のファイルとなるとレベルがかなりあがります。
webで検索すればサンプルは多くありますが、テストも大変です。

powrshellやvbsを使う方法もありますが今回紹介するのはforfilesを利用する方法です。

forfilesでファイル毎の処理をする

forfiles /P c:\xxx /m *.dmp /D -7 /c "cmd /c c:\yyy\zzz.exe @path"

これで更新日時が7日以上経過しているものだけに処理ができます。
forfilesの/Pは検索するディレクトリを指定。
forfilesの/mはマスク。
forfilesの/Dがポイントとなる更新日時の指定です。

/D -7で更新日時が7日以上経過しているもの。/D +0としたら今日以降(未来日)のものになります。
日付には /D +2012/01/01とすれば指定日以降となります。

一つ難点を言わせてもらえば、昨日以降のもの(昨日~未来)としたい場合には、結局前日の計算が必要になるわけですが、1週間以上経過したものを削除する!といった場合には大いに利用できるはずです。

最後にサンプルです。

rem 1週間以上前のzipファイルを削除
forfiles /P c:\directory /m *.zip /D -7 /c "cmd /c del @path"

rem 今日作成されたdmpをLhacaをつかってzipに圧縮
forfiles /P c:\directory /m *.dmp /D +0 /c "cmd /c c:\Lhaca\Lhaca.ex @path"

forfilesはファイル名ではなく更新日時を比較してくれるで、応用範囲は随分と広がるはずです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

ChromeとIEのクッキーを確認する方法

Chromeの場合はアドレスバーに chrome://settings/cookies と入力します。 IEの場合はアドレスバーに javascript:document.cookie と入力します。 …

windows

c# EventWaitHandle が反応しない!?

スレッドを利用したプログラムで、 スレッド側での処理を待たせて、必要に応じて開始する場合には、 1.特定のフラグをポーリングする 2.EventWaitHandle を利用する。 の2つが考えられると …

windows

PDFのサムネイルを表紙のページにしたい

Windowsの64ビットOSを使用していると、 PDFのサムネイルがただのAdobeのアイコンになってしまいます。 苦労して自炊をし、電子本棚を作成しようとおもっている方にとっては致命的な現象です。 …

windows

リモートPCのサービスを操作する

遠隔地のPCのサービスを再起動したい場合って、ほとんどないのですがたまにあります。 そもそもPC Anywhere等をインストールしていればよいのですが、そうしたソフト自体がフリーズすることがあるから …

WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにxdebuをインストールする

Windowsを使用するのはグラフィカルで便利な開発環境があるためです。 そしてサーバーとしてのLinuxは秀逸です。 PHPもフリーで簡易ですし、Apache・MySQL・Linuxとの相性も最高で …