猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

コマンドプロンプト(バッチ)でファイル毎の処理をする

投稿日:2012年12月23日 更新日:

forでファイル毎の処理をする

コマンドプロンプトのforには強力な/Fオプションがあります。

set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
cd c:\xxx
for /F %%a in ('dir /b /s *%yyyy%%mm%%dd%*.dmp') do "c:\yyy\zzz.exe" %%a

コマンドプロンプトで動作確認する場合は%%aは%です。
dirに/bをつけるとファイル名のみ取得できます。
dirに/sをつけるとサブディレクトリも表示します。
これで特定の日付yyyymmddとなまえのついたファイルを処理することができます。

しかしコマンドプロンプトには大きな問題があり、日付処理が面倒です :x001:
前日のファイルとなるとレベルがかなりあがります。
webで検索すればサンプルは多くありますが、テストも大変です。

powrshellやvbsを使う方法もありますが今回紹介するのはforfilesを利用する方法です。

forfilesでファイル毎の処理をする

forfiles /P c:\xxx /m *.dmp /D -7 /c "cmd /c c:\yyy\zzz.exe @path"

これで更新日時が7日以上経過しているものだけに処理ができます。
forfilesの/Pは検索するディレクトリを指定。
forfilesの/mはマスク。
forfilesの/Dがポイントとなる更新日時の指定です。

/D -7で更新日時が7日以上経過しているもの。/D +0としたら今日以降(未来日)のものになります。
日付には /D +2012/01/01とすれば指定日以降となります。

一つ難点を言わせてもらえば、昨日以降のもの(昨日~未来)としたい場合には、結局前日の計算が必要になるわけですが、1週間以上経過したものを削除する!といった場合には大いに利用できるはずです。

最後にサンプルです。

rem 1週間以上前のzipファイルを削除
forfiles /P c:\directory /m *.zip /D -7 /c "cmd /c del @path"

rem 今日作成されたdmpをLhacaをつかってzipに圧縮
forfiles /P c:\directory /m *.dmp /D +0 /c "cmd /c c:\Lhaca\Lhaca.ex @path"

forfilesはファイル名ではなく更新日時を比較してくれるで、応用範囲は随分と広がるはずです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

Windowsのrouteに設定するインターフェイスのindex番号の確認方法

routeを追加する windowsでルートを登録するのは 宛先:192.168.2.10/255.255.255.0 Gateway:129.168.0.254 インターフェイス:0x001 の場合 …

windows

Outlook ExpressからOutlookへ移行する

今回紹介するのは、OutlookExpressから同じ端末に入れたOutlookへの移行方法です。 OutlookExpressのデータをエクスポートして、別端末のOutlookにインポートするのは面 …

ChromeとIEのクッキーを確認する方法

Chromeの場合はアドレスバーに chrome://settings/cookies と入力します。 IEの場合はアドレスバーに javascript:document.cookie と入力します。 …

WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにxdebuをインストールする

Windowsを使用するのはグラフィカルで便利な開発環境があるためです。 そしてサーバーとしてのLinuxは秀逸です。 PHPもフリーで簡易ですし、Apache・MySQL・Linuxとの相性も最高で …

c# デリゲート(delegate)とは

デリゲートの説明としてよく 処理の委譲とか関数ポインタとかでてきますが、 cはさわりしか知らないので、なかなか理解できませんでした。 結局のところ デリゲートを使用すると 関数を引数に利用できる! と …