猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

コマンドプロンプト(バッチ)でファイル毎の処理をする

投稿日:2012年12月23日 更新日:

forでファイル毎の処理をする

コマンドプロンプトのforには強力な/Fオプションがあります。

set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
cd c:\xxx
for /F %%a in ('dir /b /s *%yyyy%%mm%%dd%*.dmp') do "c:\yyy\zzz.exe" %%a

コマンドプロンプトで動作確認する場合は%%aは%です。
dirに/bをつけるとファイル名のみ取得できます。
dirに/sをつけるとサブディレクトリも表示します。
これで特定の日付yyyymmddとなまえのついたファイルを処理することができます。

しかしコマンドプロンプトには大きな問題があり、日付処理が面倒です :x001:
前日のファイルとなるとレベルがかなりあがります。
webで検索すればサンプルは多くありますが、テストも大変です。

powrshellやvbsを使う方法もありますが今回紹介するのはforfilesを利用する方法です。

forfilesでファイル毎の処理をする

forfiles /P c:\xxx /m *.dmp /D -7 /c "cmd /c c:\yyy\zzz.exe @path"

これで更新日時が7日以上経過しているものだけに処理ができます。
forfilesの/Pは検索するディレクトリを指定。
forfilesの/mはマスク。
forfilesの/Dがポイントとなる更新日時の指定です。

/D -7で更新日時が7日以上経過しているもの。/D +0としたら今日以降(未来日)のものになります。
日付には /D +2012/01/01とすれば指定日以降となります。

一つ難点を言わせてもらえば、昨日以降のもの(昨日~未来)としたい場合には、結局前日の計算が必要になるわけですが、1週間以上経過したものを削除する!といった場合には大いに利用できるはずです。

最後にサンプルです。

rem 1週間以上前のzipファイルを削除
forfiles /P c:\directory /m *.zip /D -7 /c "cmd /c del @path"

rem 今日作成されたdmpをLhacaをつかってzipに圧縮
forfiles /P c:\directory /m *.dmp /D +0 /c "cmd /c c:\Lhaca\Lhaca.ex @path"

forfilesはファイル名ではなく更新日時を比較してくれるで、応用範囲は随分と広がるはずです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

c# EventWaitHandle が反応しない!?

スレッドを利用したプログラムで、 スレッド側での処理を待たせて、必要に応じて開始する場合には、 1.特定のフラグをポーリングする 2.EventWaitHandle を利用する。 の2つが考えられると …

sqlserver

SQL Server Management Studio の「上位200行の編集」を変更したい

恐らく私が十分に使用できていないだけで、機能はたくさんありそうなSQL Server Management Studio。最近新しいものに入れ替えたら(OS毎再インストールするハメになったのですが)、 …

windows

Windows8.1でParagon HFS+ for Windows 10.0 (Japanese)が使えない

Windows8.1にアップデートしたら、 HFS+の外付けハードディスクを認識しなくなってしまいました。 サポートにメールをしたところ、 既に新しいバージョンがアップデートされていた模様。 新バージ …

windows

batファイル名の落とし穴・・・連続実行されてしまう

windowsのコマンドプロンプトを少しかじったことがあればxxx.batという名前のバッチファイルなるものを作成することがあるでしょう。 コマンドをバッチファイルにしておけば、 ダブルクリックで実行 …

windows

タスクの継続時間

INDEX1 タブの継続時間と詳細設定の継続時間の違い2 分単位で実行させる3 継続時間を1日よりながくすると・・・ タブの継続時間と詳細設定の継続時間の違い タスクの継続時間は2つあります。 タブの …