猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

タスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

投稿日:

タスクスケジュールに別サーバーへログファイルを移動するバッチを登録する、などよくある話です。

例えば、Aサーバーにはログがたまっていて、Aサーバー上では毎朝3時にBサーバーのバックアップフォルダにログを移動するとします。

ネットワークドライブの割り当てたドライブ情報はユーザー単位でその情報を保存しているということの理解が重要です。
つまりAサーバー上で下記のようなコマンドで事前にBサーバーのフォルダをネットワークドライブ(Q:)に割り当てていても、
それはそのバッチを実行したユーザーからしかみえないのです。

net use q: \\192.168.10.1\shared password /user:username

つまり事前に割り当てをしていても、タスクを実行しているのは別ユーザーになります。
そのタスクの実行ユーザーではその割り当てたドライブがみえないのです。

解決策として、バッチ処理自身にネットワーク割り当てのコマンドを記載すればいいとありました。
確かにそれでうまくいきそうです。が何故かうまくいきませんでした。。。

結局私は、

①事前にAサーバーとBサーバーに同じ名前とパスワードのタスク専用ユーザーを作成し、
②Bサーバーにはそのタスク専用ユーザーにアクセス権限を与え、
③Aサーバー上で実行するタスクの実行ユーザーもタスク専用ユーザーにし、
④バッチ処理上ではネットワークドライブの指定を \\192.168.10.1\shared\backaup.txt

と指定することで解決しました。

ネットワークドライブの割り当ては、タスクの実行ユーザーからは見えないのです。
ipアドレス、もしくはホスト名を使用してパスを使用することが肝心です。
なおこのようなフルパスの表記はUNC(Universal Naming Convention)と呼ばれています。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

route deleteで削除できないルート

route deleteで削除できないルートがあります。 それは、 ネットワーク接続 > プロパティ > インターネット プロトコル XXX   > プロパティ > 詳細設定 によって設定されているI …

windows

Outlook ExpressからOutlookへ移行する

今回紹介するのは、OutlookExpressから同じ端末に入れたOutlookへの移行方法です。 OutlookExpressのデータをエクスポートして、別端末のOutlookにインポートするのは面 …

windows

Windowsのライセンス認証でこのプロダクトキーは既に使用されていますと表示される

自作PCでマザーボードを交換しました。 OSはvistaです。 するとコンピューター>プロパティ のライセンス認証をしようとすると、 『このプロダクトキーは既に使用されています』 と表示されて認証でき …

windows

WSL Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux 私はvmware playerでCentOSを起動してつかっていました。何が違うのか、興味本位でWindows Subsystem for Li …

windows

コマンドプロンプトの文字コードを変更する

めったに必要ありませんが、 コマンドプロンプトの文字コードはデフォルトではShift-jisです。 androidやwebの開発等でUTF-8にしたい場合もあります。 現在の文字コードを確認するには …