猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」★★★★☆(4)

投稿日:

久々にみた最低な話だと思われます。
麻薬と金が渦巻く映画です。

ただ、非常にエネルギーを感じる映画でもあります。
単にワル達の話だといって見捨てるには惜しい作品です。

この映画を単純にみると、
お金と麻薬がセットのように思えてきますが、
その変な観点を除けば、
とてもエネルギッシュで積極的なビジネスパーソン達の
サクセスストーリーのようにも見えます。

是非あなたの目でみて感想を聞かせてください。

the-wolf-of-wall-street

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「LIFE」★★★★☆(4)

似たようなタイトルが多数ありますが、これは雑誌「LIFE誌」のデジタル化に伴うリストラの話です。 素朴な主人公がリストラに直前になりながら、新しい世界を体験していきます。 痛快です!!スッキリします! …

映画「ジャージー・ボーイズ」★★★★★(5)

ミュージカルとしてもあるようだが、これは映画の評価です。 私の中ではクリント・イーストウッドは監督としての評価はあまりよくありませんでした。 しかし、この作品で大きく変わりました。 映画の中の登場人物 …

映画「鍵泥棒のメソッド」★★★★★(5)

公開されたのは2012年だが、今が見ごろの超おすすめ作品です。 何がお勧めかといいますとキャストです! なんとあの半沢直樹と同じ、超豪華キャストなのです!! 桜井武史:堺雅人・・・主人公のダメ人間 コ …

映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」☆☆☆☆☆(0)

結論からいうと信じがたい程につまらない映画でした。 本が結構うれたような気がしたので見たのですが、この映画と本は、別ストーリーなのでしょうか。 全ての演技が信じがたい程に陳腐に感じられます。 おばあち …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …