猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「テッド」★★★★☆(4)

投稿日:

可愛らしいくまちゃんの人形の映画・・・ではありません :x001:

R15+指定されています。
激しく卑猥なセリフが連発する、
アダルトアメリカンコメディです。

しかしそこそこは面白いとも思います。

大人になりきれないジョンを、落ちぶれた人形のテッドが足を引っ張ります。
人のせいにばかりするあたりのジョン・・・ある意味かなりリアリティ溢れるキャラです。

下品さが激しいだけではなく、誰しもが抱く人間のダメな部分が辛辣に描かれています。

見ても損はないできだとおもいますが、歴史に残る名作でもありません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「鍵泥棒のメソッド」★★★★★(5)

公開されたのは2012年だが、今が見ごろの超おすすめ作品です。 何がお勧めかといいますとキャストです! なんとあの半沢直樹と同じ、超豪華キャストなのです!! 桜井武史:堺雅人・・・主人公のダメ人間 コ …

映画「サイコ」★★★★☆(4)

アルフレッド・ヒッチコックの代表作、サイコです。 驚くべきことは、 この映画が1960年のものだという点です。 今見てなお、狂気を感じる撮影手法と言えるでしょう。 サイコの撮影を描いた 「ヒッチコック …

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …

映画「ミヒャエル」★★☆☆☆(2)

35歳の少年愛者の誘拐犯、ミヒャエルとその被害者の10歳の少年の話。 実話ではないと思いますが、オーストリアでは実際にこのような事件が多発しているようです・・・。 仕事はそこそこできて、人間関係も多少 …

映画「舟を編む」★★★☆☆(3)

 日本アカデミーで最優秀作品賞を受賞した作品です。 テーマが斬新?で、辞書の編集を通して人々の関わり合いを描いています。  流石日本アカデミーを受賞しただけあって、なかなか面白いと思います。 最優秀男 …