猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

旅行 洞窟・鍾乳洞

大分県 稲積水中鍾乳洞

投稿日:2013年7月12日 更新日:

先に言っておくと
ここは稲積水中鍾乳洞をメインとした、
怪しいテーマパークです。
きっとどこかの変な宗教がかった何かが作り上げたと思われる巨大な庭園です。

昭和タイムスリップロマン座
昭和おもちゃ館
そのた怪しい仏像、白蛇
などが混在しています。

どう感じるかは人それぞれでしょうが、
センスの無さとそれに費やされたであろう費用に感服します。

そうした庭園?内に稲積水中鍾乳洞はあり、
入園料に料金は含まれています。

この鍾乳洞、名前の通り水中の中を突き進むかのように伸びる鍾乳洞であることが売りです。
とはいっても、水中に入るわけではなく、
横道に水たまりが多くあり、その水たまりが見えないぐらい奥まで穴になっているのです。

非常に幻想的な感はありますが、
少し手作りっぽい感じが否めません。
最深部では、発掘作業中のような立ち入り禁止の看板がありました。
やっぱり人の手が随分加わっているのです。
壁もセメントの感じがします。

この庭園全体を通して言えることですが、
人の手を加えて何かを完成させようとしているのです。
そして、その人の手の力とベクトルがあまりにも個性的すぎるので、
多くの人には滑稽に思われることでしょう。

もともとあった水中鍾乳洞を、
そのまま見せてくれればよかったんじゃないかなと思います。

九州は自然の脅威を感じることのできる素晴らしい場所です。
無理してまで行かなくてもいいかもしれません。

inazumi

—-追記—-

2014年2月23日にニュースがあったので追記しておきます。

記事に記した「最深部では、発掘作業中のような立ち入り禁止の看板がありました。」は、このことだと思います。

 従来確認されていた延べ約1千メートルから、さらに約300メートル奥まで続いていた。ダイバーらが潜水調査で確認した。最奥部に新たな空間があり、そこから奥へ続く鍾乳洞も見えたという。
数億年前からの地球の営みでできた地下深くでの新発見!!

 稲積水中鍾乳洞では、1970年代と90年代の調査で、現在公開されている部分を含め約1千メートル規模の水路が確認された。
今回は、その末端から約300メートル先まで進み、水面の上に10畳ほどの広さの空間があるのを新たに確認。実際に入ることはできなかったが、細長い鍾乳洞がさらに奥へ延びているのが見えたという。
「雨期には奥から水が流れているようだ。まだ続いているのは確か」とのことです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-旅行, 洞窟・鍾乳洞
-

執筆者:

関連記事

埼玉県 吉見百穴のヒカリゴケ

千葉県はヒカリモで有名ですが、埼玉県はヒカリゴケです。 こちらも国の天然記念物です。 時期は梅雨のあたりのようです。 吉見百穴自体はかなり有名ですので名前は知っている人も多いでしょう。 しかしこの穴の …

群馬県 滝沢の不動滝

落差32メートルとううたい文句にひかれて軽い気持ちで向かいました。 私は11月初旬に訪れたのですが、 滝の入り口を見つけるのにずいぶん時間がかかってしまいました。 また、山見も予想以上に行き帰りに時間 …

鳥取県 三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)

大昔に歴史の資料集に掲載されていた記憶があったので軽い気持ちで行ってしまいました。 まずはじめに間違ってはいけないことは、 ここは登山やトレッキングをする場所ではありません。修行の場所です。 一般人で …

島根県 韓竈(からかま)神社

山の中にあり、参拝するには険しい階段と少しの山道を通らなければならない。 そして最後に人一人がやっと通れる程の細い岩の間を通りぬけると、 やっと韓竈(からかま)神社にたどり着くことができる。 距離は登 …

島根県 猪目洞窟(いのめどうくつ)

古代の人々は、死者の世界を「黄泉(よみ)」と表現していました。 『出雲国風土記』には、 「夢にこの磯の窟(あな)の辺りに至れば、必ず死ぬ。故、俗人古(いにしえ)より今にいたるまで、 黄泉の坂、黄泉の穴 …