猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

投稿日:2013年6月7日 更新日:

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。

衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。
これが功を奏してか、各役者の演技力が光ります。

アル・パチーノ演じるソニーの名演技はもちろん、
ジョン・カザール演じるサルは影の薄い危険な犯人ですが、
随所で人間らしさを出しこの後アル・パチーノとともにゴッドファーザーへ続きます。

また、アメリカン・ニューシネマらしい
当時の社会的な様相も、他の作品より色濃くでています。
そのあたりは監督のシドニー・ルメットの手腕でしょう。
ちなみに彼は1957年『十二人の怒れる男(12 Angry Man)』でも有名です。

人質、刑事、FBI、彼女・・・
数時間の監禁のなかで様々な性格が当時のまま鮮やかに描かれています。

ただ、アメリカン・ニューシネマという非常にハイレベルな作品群の中で評価すると、
実話とはいえ全体のストーリーはいまいちでした。
が各キャストの力作であることは間違いありません。

このジャンルが好きな方は見逃せません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …

映画「ジャッキー・コーガン」★★★☆☆(3)

原タイトルは「Killing Them Softly」であり、1974年の小説、「Cogan’s Trade」(ジョージ・V・ヒギンズ)を原作としている。 Cogan’s Trade (V …

映画「ロード・オブ・ザ・リング 」★★★★☆(4)

 純粋なファンタジー的な世界観と、特撮、そして壮大なストーリーが魅力です。  全3部作構成だが、1部が長いので3つみるのは結構大変です。 また、名前や登場人物が多いので、あまりゆっくりみてもわからなく …

映画「レンタネコ」★★★☆☆(3)

恐らく荻上直子監督の感性と私の感性に共通点がほとんどないのでしょう。 内容は全く面白くありませんでした。 ただ猫の演技?には目をみはるものがあります。 我が家にも「さーこさん」という猫がいるのですが、 …

映画「ヤング@ハート」★★★★☆(4)

おじいさんとおばあさんとで構成された アメリカのコーラスグループ、ヤング@ハートのドキュメンタリー映画です。 ドキュメンタリーとしては最高峰に位置するできだと思います。 彼らのコーラスは本当に必見!! …