猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

旅行 洞窟・鍾乳洞

福島県 入水鍾乳洞

投稿日:2013年5月11日 更新日:

irimizu

あぶくま洞のすぐ近くにありますが、
この鍾乳洞は圧倒的に訪問する方はすくなく、女子率は激減します。

名前の通り、途中から水の中を歩きます。
しかも水かさにもよると思われますが、かなり過酷です。
恐らく水かさが多い時は無理でしょう。

また、奥にあるカボチャ岩より先に進むためには案内を依頼する必要があるので、
事前に連絡をしておく必要があります。
とはいっても、カボチャ岩まででも、案内なしで向かうのは相当です・・・。

内部は一応明かりがありますが、ほとんど消えています。
そのため恐怖倍増ですが、なれてくると道があっているという目印になります。

入口で渡されるろうそくを頼りに歩きますが、
水が激しく滴っているためよく消えます・・・。

私は2人で行きましたが、
1人では入口の滝の轟音を聞いて引き返したことでしょう。

全国各地の鍾乳洞を回っていますが、
入水鍾乳洞は別格です。
暗いところや狭いところが怖い方は避けるべきでしょう。
逆に、非日常を求める冒険心のある方にはお勧めです。

準備をせずに訪れる方は、
入口の途中にあるおばあさんの家で、
レインコートとわらじを貸してもらえます(有料)。
irimizu2

わらじは相当な滑り止めになりますので、
スニーカーや長靴より遥かにお勧めです。
初心者は迷わず借りましょう。

中の水は恐ろしく冷たいのですが、
なれるまで足を出してはいけません。
冷たすぎるため一旦出してしまうともう動かなくなります。

途中何度も本当にこの道でいいのだろうか!?
と自信をなくすこともあるでしょうが、
這いつくばって、よじのぼって進みます。

山などを歩く方はよくご存じだと思いますが、
険しい道は、信じられない程、進のに時間がかかります。
帰り道も同様です。

中には一人で進むつわものもいるようですが、
恐怖との戦いであり、決して命が危ういというものではありません(たぶん)。
そのため、家族で冒険してみるという選択肢もありますが、
さすがに小学生ぐらいでないと、進むことができないと思われます。

何度かろうそくが消え絶叫しそうになりましたが、
2人で行ったので助かりました。

私はここに、防水や懐中電灯などの装備を整えていくべきではないと思います。
これほど自然の脅威・雄大さをを肌で感じることのできる鍾乳洞は無いからです。

もし福島県を訪れる機会があれば、是非立ち寄ってみて下さい。
正直あぶくま洞よりインパクトは数段あります :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-旅行, 洞窟・鍾乳洞
-

執筆者:

関連記事

鹿児島県 丸尾滝(温泉の滝)

温泉が滝となって流れ落ちているとい珍し~い滝です。 道路沿いにあるため、 車で近くによる機会があればだれでも行けます。 私は数メートルの岩場を降りて、 川の水を触ってみたのですが熱くはありませんでした …

日光市鬼怒川 古釜の滝

相当な滝マニアでない限り、この滝を目当てに訪れる人はあまりいないでしょう。 最近の縁結びブームにあやかって作成したと思われる、 鬼怒楯岩大吊橋を渡って、 坂を登れば展望台に縁結びの鐘があります。 逆に …

埼玉県 神庭洞窟

神庭(かにわ)洞窟と読みます。 国道140号を進んでいると、ちらっと対岸に見えるのがこの洞窟です。 縄文時代の土器や等が発掘された場所です。 私達パーティーは、洞窟の右側にあるグラウンドから回り込み、 …

島根県 猪目洞窟(いのめどうくつ)

古代の人々は、死者の世界を「黄泉(よみ)」と表現していました。 『出雲国風土記』には、 「夢にこの磯の窟(あな)の辺りに至れば、必ず死ぬ。故、俗人古(いにしえ)より今にいたるまで、 黄泉の坂、黄泉の穴 …

千葉県 竹岡の黄金井戸と館山のヒカリモ群生域

千葉県在住の方でも知らない人が多いのが 国の天然記念物ヒカリモです。 名前の通り光る藻なのですが、実際には黄金色に輝いています。 訪れる方は、ネットで写真を目にして行くことでしょう。 実際に見ると驚愕 …