猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

NFSをmountする

投稿日:2013年4月27日 更新日:

NFS(Network File System)をmountする方法です。
共有したいディレクトリを持つサーバーにNFSの設定をして、そこを参照したいサーバーでmountします。

NFSサーバーの設定

/etc/exportsファイルを作成
編集方法は
[共有するディレクトリ] [公開先](書き込みの可否,オプション)
となります。

/home/neko 192.168.0.0/255.255.255.0 (rw) //192.168.0.xに読み書き許可
/home/neko *.foo.co.jp (rw) //*.foo.co.jpに読み書きを許可
/home/neko host-a (ro) //host-aに読み込みのみを許可
一般的なオプション
 ro ファイルの読み込みのみを許可
 rw 読み書きを許可
 sync 書き込んだデータを共有ディレクトリに即座に書き込み
 async 書き込んだデータを一旦サーバーのメモリに蓄積し、随時書き込み(既定値)
wdelay 複数の書き込み処理を1度に行う。NFSサーバ側での更新を一括して行う
no_wdelay wdelayとは反対。syncオプションと併用する

ユーザIDのマッピングに関するオプション
 root_squash クライアントからのアクセスを匿名ユーザー(nobody)にマッピング(既定値)
      途中でサーバーが再起動などするとデータが壊れる場合がある
      エクスポートされたディレクトリに対して、root 権限ではアクセスできないようにする。
 no_root_squash クライアントからのroot権限での接続を、そのままroot権限によるアクセスとして処理
      エクスポートされたディレクトリに対して、root 権限でアクセスできるようにする。
all_squash すべてのUID,GIDを匿名アカウントへマッピング(nobody)
      root を含めて全てのユーザーがnobody ユーザーにマッピングされる
anonuid すべてのUIDを匿名アカウントへマッピング
anongid すべてのGIDを匿名グループへマッピング(nobody)
squash_uids 指定したUIDのユーザをすべて匿名アカウントへマッピング
squash_gids 指定したGIDユーザをすべて匿名グループへマッピング
map_identity UID,GIDに関する変換を行わない。
map_static UID,GIDに関する変換を定義するマップファイルを指定する
 all_squash 全てのアクセスをnobodyからのアクセスとして処理
 anonuid=uid root_squashあるいはall_squashがオプションの場合にanonymousの利用者IDを指定
 anongid=gid root_squashあるいはall_squashがオプションの場合にanonymousのグループIDを指定

以下home/nekoディレクトリをエクスポートする設定例です。

# cat /etc/exports
/home/neko 192.168.0.0/255.255.255.0(rw,sync,no_root_squash,no_all_squash)

設定の更新

/etc/exports ファイルを編集しなおした場合、exportfs コマンドを使用して、設定の変更を反映させます。

#exportfs -ra
//-r 全てのディレクトリを再エクスポートする。
//-a 全てのディレクトリをエクスポート・アンエクスポートする。 
[/basah]<br/>

<h3>設定の確認</h3>

# exportfs -v
/home/neko      192.168.10.0/255.255.255.0(rw,wdelay,root_squash,no_subtree_check,anonuid=65534,anongid=65534)

NFSを再起動する

# service nfsd restart

NFSクライアントの設定

NFSの設定を別の端末から参照する設定です。

# mount -t nfs 192.168.0.1:/home/neko /home 
オプション
-a /etc/fstabに記述されているファイル・システムをマウントする。ただし、noautoのファイル・システムはマウントから除外される
-n マウントをする際、/etc/mtabに情報を書き込まない
-r ファイル・システムを読み込み専用でマウントする
-w ファイル・システムを読み書き可能な状態でマウントする
-t ファイル・システムのタイプを指定する。指定できる

・システム起動時に自動的に/home/projectをマウントしたい場合は、
NFSクライアントの/etc/fstabに次の設定を追加する。
192.168.0.7:/home/neko /home nfs defaults 0 0

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

WMwareのネットワークアダプタ

WMwareのネットワークアダプタには3種類あります。 インストールすると勝手に VMware Network Adapter VMnet8 なるものが付随していきます。 INDEX1 ブリッジ接続( …

linux

viで行番号を表示させる

カーソルで移動しながらエラー行までいったりするのは大変です。 おまけにcatコマンドとは違い、画面のスクロールが利用できません。 一応右下に、カーソルの行が表示されているのですが、やっぱり行番号が必用 …

linux

fuserでファイルやソケットを使用しているプロセスを特定する

linuxでもプロセスを特定したい場合はあります。 fuseコマンドで確認できます。特にmaount関連は便利です。 オプション -a コマンドラインで渡されたすべてのファイルを表示する。 -k 指定 …

linux

WinSCPの文字化け対応方法

WindowsからLinuxへファイルを転送するのに使用するアプリはWinSCPが最も有名なのではないでしょうか。 ただLinuxのOSを日本語でインストールすると、文字化けする場合があります。 少し …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …