猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ntpq -pの見方

投稿日:2013年4月22日 更新日:

ntpq -pで、ntpdの同期の状態を確認できます。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*192.168.1.1     133.243.238.163 14 u  457 1024   17    1.270  -212.41  16.880
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l    9   64  377    0.000    0.000   0.001

・参照するように設定されているNTPサーバー。
 remoteの左についている*が現在同期中のサーバーです。
・refid 上位のNTPサーバ。192.168.1.1は、133.243.238.163(ntp.nict.jp)を参照している。
・st stratum番号、サーバーが第何階層か示す。
・when は前回参照から経過した秒数。pollに達すると参照する。
・poll は参照する間隔(秒数)。設定により随時変更される。
・reach 過去8回のポーリングの結果、同期した(1)、同期しなかった(0)を表す。8進数表記。
 NTPの同期ができなくなった時の遷移
 376 -> 374 -> 370 -> 360 -> 340 -> 300 -> 200 -> 0(同期ロス)
 NTPが同期し始めたときの遷移
 1 -> 3 -> 7 -> 17 -> 37 -> 77 -> 177 -> 377(全部同期している)
・offset NTPサーバとのずれ(ミリ秒)
・jitter NTPサーバがどのくらい正確な時刻を提供できているのかといった“揺らぎ”を統計学的に表現したもので、値が小さいほど正確とされる。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

opensslによる自己認証局によるSSL

INDEX1 1.openssl.cnfの修正2 2.認証局(ca)の開設3 3.秘密鍵作成のための擬似乱数の情報を生成4 4.サーバ用秘密鍵(server.key)の作成5 5.認証局への署名要求書 …

linux

mailコマンドでメールを読む

linxを操作していれば必ず発生しているのが You have mail in /var/spool/mail/root です。 メッセージの通り/var/spool/mail/root とにあり、ア …

linux

LVM(Logical Volume Manager:論理ボリュームマネージャ)の概要

INDEX1 LVMとは2 各ティレクトリはどの論理ボリューム(LV)をマウントしているかの確認3 各論理ボリュームはどのボリュームグループなのかの確認4 物理ボリューム情報 LVMとは ハードディス …

linux

viの基本的な操作方法

linuxって初めての方にとっては敷居がちょっと高いと感じます。でも最近はフリーのVmware Playerを使ってだれでもWindows上で動かすことができます。結構サーバーとしては利用していること …

linux

viで行番号を表示させる

カーソルで移動しながらエラー行までいったりするのは大変です。 おまけにcatコマンドとは違い、画面のスクロールが利用できません。 一応右下に、カーソルの行が表示されているのですが、やっぱり行番号が必用 …