猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「桐島、部活やめるってよ」★★★★☆(4)

投稿日:2013年3月18日 更新日:

第36回日本アカデミー賞・最優秀作品賞ということで早速みてみました :x002:

結局あらわれない桐島を追いかけ続ける、
彼女やバレー部、映画部、帰宅部の人間模様を、
それぞれの視点から映していきます。

ほんの数日間の学校生活をテーマにしているため、
誰にでもなじめるストーリーなのではないでしょうか。

画期的!!とまでも行かないのですが、
それぞれの生徒の生活や感情が交差していく様を描いている映画としては、
なかなか良くできているように思います。

ただあまりにも桐島が部活を辞めると言ってからのわずかな期間しかストーリーをじられず、
その前後は一体何なんだと思わずにはいられません・・・。
まっ、そういうのを狙っているんだと思いますがね・・・。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「リンカーン(Lincoln)」★☆☆☆☆(1)

南北戦争の最中、当時の大統領エイブラハム・リンカーンが、 奴隷解放宣言に引き続き、 アメリカ合衆国憲法修正第13条を可決することで奴隷解放の法的根拠を成立させようとする実話です。 非常に興味深いが、特 …

映画「ミヒャエル」★★☆☆☆(2)

35歳の少年愛者の誘拐犯、ミヒャエルとその被害者の10歳の少年の話。 実話ではないと思いますが、オーストリアでは実際にこのような事件が多発しているようです・・・。 仕事はそこそこできて、人間関係も多少 …

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」★★★★☆(4)

誰が見てもそこそこ楽しめる映画といえるでしょう。 非常に残念なこと一つ。 私がスター・トレックを見たことがなく、知らないことです。 もし以前に見ていれば、思い入れも深くなり最高だったかもしれません。 …

映画「推理作家ポー 最後の5日間」★★☆☆☆(2)

少々残酷がシーンが連発するので、緊張感を持ってみることができます。 しかし、最後の5日間っていうタイトルが大きく評価をさげました。 一体何日目なのかよくわからないんで、そろそろ3日目かな?なんて思いな …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …