DataBase MySQL

MySQL:エラー:The total number of locks exceeds the lock table size

投稿日:2013年2月4日 更新日:

The total number of locks exceeds the lock table sizeは、大量にデータを削除する場合等に発生する可能性があります。

見ての通り、ロックするメモリー不足です。
なお、InooDBは行ロック、MyIsamはテーブルロックのようです。

メモリーの拡張

一般的にはinnodb_buffer_pool_sizeを拡張することで対応可能です。
しかしinnodb_buffer_pool_sizeは動的システム変数ではありません。
そのため一応再起動が必要です。

また、innodb_buffer_pool_sizeは、
グローバル変数であるため、
(セッション変数は接続数に応じて消費されるので大量の割り当てはさけるべきです)
データベースサーバーの場合、総メモリーの7~8割を当ててもよいとされています。
その割には、初期値が8M(8388608)しかありません・・・。

さらに、innodb_log_file_sizeも合わせて変更しなければ、パフォーマンスの向上が望めず、
別の問題を引き起こすかもしれません。
(innodb_log_file_size×innodb_log_files_in_group > innodb_buffer_pool_size)

こうした点を踏まえてinnodb_buffer_pool_sizeを変更する分には、これが直接的かつ唯一の対応策となるでしょう。

SQLの見直し

先程も述べたように、innoDBは行ロックを行います。
SQL Serverのようなロックエスカレーション(あまりに多い行ロックはメモリー効率が悪くなるのでテーブルロックになる)
もありません。

そのため、削除の場合は単純に条件を十分に絞り込むことや、削除を複数に分けることでこのエラーを回避することも可能です。
もちろん、こうした対応ができない場合はinnodb_buffer_pool_sizeの変更が必用となります。

削除や更新系のSQLの条件で、explainを先頭につければ実行計画をみて条件を検討できます。

delete from table where id < 100;
を
explain select * from table where id < 100;

検討してみてはいかがでしょうか。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-DataBase, MySQL

執筆者:

関連記事

sqlserver

SQL Server 構成マネージャーを起動する

SQL Server 構成マネージャーがない。 何故か、コンピューターの管理の中に入っていた。 また検索窓からは以下のように検索できる。 ・SQL Server 2014 の場合   SQLServe …

sqlserver

SQLSERVER「Login failed for user ‘xxxxxxx’. 理由: 指定された名前に一致するログインが見つかりませんでした」

Windows認証でAdministratorを指定しているのにログインできない。 そんな場合は以下の手順でAdministratorユーザーを作成します。 INDEX1 起動時のパラメーターの変更2 …

mysql

MySQL ERROR: Can’t connect to MySQL server on ‘xxx.xxx.x.xx’ (13)

MySQL ERROR: Can’t connect to MySQL server on ‘xxx.xxx.xxx.xxx’ (13) はSELinuxによる接続 …

mysql

utilitiesのmysqlfailoverを使う(1)

そもそもこの機能が動作しなくて非常にこまりました。 もしスレーブが認識できないのであれば前回の記事が役に立つかもしれません。 utilitiesのmysqlrplshowを使いたい レプリケーションの …

MySQLの実行速度テスト用PHP

1.testデータベースにtest_tableテーブルを作成。 2.1万件のデータを登録します。 3.1000件のフラグを更新 4.更新したデータを検索する時刻を測定して表示 するサンプルです。 &l …