猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

名言 歴史

坂の上の雲 一の報酬で十の働き・・・

投稿日:2012年12月14日 更新日:

「人間のえらさに尺度がいくつもあるが、最小の報酬でもっとも多く働く人ほどえらいひとぞな。一の報酬で十の働きをするひとは、百の報酬で百の働きをする人よりえらいのぞな」
さらに子規はいう。
「人間は友をえらばんといけんぞな。(新聞社)日本には陸羯南がいて、その下には羯南翁に似たひとがたくさんいる。正しくて学問のできた人が多いのじゃが、こういうひとびとをまわりに持つのと、持たんのとでは、一生がちごうてくるぞな。安くても辛抱おし。七十円や八十円くれるからというてそこらへゆくのはおよし。あそばずに本をお読みや。本を読むのにさほど金は要らんものぞな」

坂の上の雲(二)司馬遼太郎 文春文庫P25-P26

正岡子規が、後輩に言ったとされている言葉です。

彼が当時から、いかに多方面から物事をとらえており、その中から子規らしさを形作っていたかがよくわかります。

「最小の報酬でもっとも多く働く人ほどえらいひとぞな」は給料に大きく不満を持つ私にぐっさりきました。
そうだ!自分だって十の報酬で、二十ぐらいの働きはしてる!!(汗)

しかし、「人間は友をえらばんといけんぞな・・・」のくだりにくると、周りに座っている方々が目に浮かび、やっぱり辞めてしまいたい!と思われます。

子規が没したのは丁度今の私と同じ歳です。

いかに自分の考えがなくフラフラしているかを、ガツン!!と思い知らされてしまいます・・・。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-名言, 歴史
-,

執筆者:

関連記事

二・二六事件

1936年(昭和11年)2月26日に決起された皇道派青年将校ら約1400人による日本最大のクーデーター未遂事件です。 彼はらは多くの裏切りにあい、東京陸軍軍法会議により処断されていきます。 INDEX …

神話の時代(3) 天照大御神(アマテラスオオミカミ)、月読命(ツクヨミノミコト)、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)

 黄泉の国から帰った伊邪那岐命(イザナギノミコト)は体を河原で清めます。 その時に十二種の神々が生まれました。  その後左目を洗った時に天照大御神(アマテラスオオミカミ)。右目を洗った時に月読命(ツク …

神話の時代(2) 伊邪那岐命(イザナギノミコト)、伊邪那美命(イザナミノミコト)

 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)を筆頭とする三柱の神々がお生まれになったころ、世界はまだはっきりしておらず、男女の区別もはっきりせず(=独神(ひとりがみ))、その姿を現すことができませんでした …

神話の時代(1) 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)

はじめに 神話の時代は現在の教科書にはのっていません。 本の数十年前の尋常小学校の教科書の初めの項は 「第一 天照大神」 で始まります。 神話の時代は現在の教科書では歴史として削除されてしまった分野な …

明治維新

明治維新は、国民国家を成立させて日本を植民地化の危険からすくいだすというただ一つの目的のために、一挙に法権社会を否定した革命だった。 司馬遼太郎「この国のかたち」1P87 この国のかたち〈1〉 (文春 …