名言 歴史

坂の上の雲 一の報酬で十の働き・・・

投稿日:2012年12月14日 更新日:

「人間のえらさに尺度がいくつもあるが、最小の報酬でもっとも多く働く人ほどえらいひとぞな。一の報酬で十の働きをするひとは、百の報酬で百の働きをする人よりえらいのぞな」
さらに子規はいう。
「人間は友をえらばんといけんぞな。(新聞社)日本には陸羯南がいて、その下には羯南翁に似たひとがたくさんいる。正しくて学問のできた人が多いのじゃが、こういうひとびとをまわりに持つのと、持たんのとでは、一生がちごうてくるぞな。安くても辛抱おし。七十円や八十円くれるからというてそこらへゆくのはおよし。あそばずに本をお読みや。本を読むのにさほど金は要らんものぞな」

坂の上の雲(二)司馬遼太郎 文春文庫P25-P26

正岡子規が、後輩に言ったとされている言葉です。

彼が当時から、いかに多方面から物事をとらえており、その中から子規らしさを形作っていたかがよくわかります。

「最小の報酬でもっとも多く働く人ほどえらいひとぞな」は給料に大きく不満を持つ私にぐっさりきました。
そうだ!自分だって十の報酬で、二十ぐらいの働きはしてる!!(汗)

しかし、「人間は友をえらばんといけんぞな・・・」のくだりにくると、周りに座っている方々が目に浮かび、やっぱり辞めてしまいたい!と思われます。

子規が没したのは丁度今の私と同じ歳です。

いかに自分の考えがなくフラフラしているかを、ガツン!!と思い知らされてしまいます・・・。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-名言, 歴史
-,

執筆者:

関連記事

坂の上の雲 勇気はかれの自己教育の所産・・・

 …かれ(秋山好古)が松山でおくった少年のころや大阪と名古屋でくらした教員時代、ひとびとはかれからおよそ豪傑を想像しなかった。おだやかで親切な少年であり、青年であったにすぎない。それが、官費で学問がで …

戦艦大和

INDEX1 なぜこの巨大戦艦はつくられたのか2 不沈艦3 火を吹けない46センチ砲4 レイテ沖海戦5 天一号作戦6 沈没7 なぜ沈没したか なぜこの巨大戦艦はつくられたのか 全長263m、46センチ …

神話の時代(3) 天照大御神(アマテラスオオミカミ)、月読命(ツクヨミノミコト)、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)

 黄泉の国から帰った伊邪那岐命(イザナギノミコト)は体を河原で清めます。 その時に十二種の神々が生まれました。  その後左目を洗った時に天照大御神(アマテラスオオミカミ)。右目を洗った時に月読命(ツク …

1905年05月27日 日露戦争 日本海海戦 東郷ターン

日露戦争での日本海海戦は坂の上の雲でもクライマックス的なシーンです。 その中でも渡哲也演じる東郷平八郎が右手を挙げて振り下ろすシーンはインパクト抜群です。 しかし、ある程度背景を知らなければこのシーン …

1894年07月16日 日英通商航海条約と領事裁判権

INDEX1 領事裁判権の背景2 日本国民を憤慨させた事件3 不平等条約の改正の動き4 陸奥宗光5 日露戦争 領事裁判権の背景 1853年、ペリー率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊4隻の前に日本はア …