Linux Windows

pingのTTLでOSを判別する

投稿日:2012年12月14日 更新日:

pingのTTLを見ると、簡単なOSの判別が可能です。

ping

これは私のPC(Windows)と、そのPC上で起動させているCentOS(linux)へそれぞれpingを打った時のものです。
TTLが128のものがWindows,64のものがCentOSです。
実はOSによってTTLのデフォルト値が異なるのです。

TTLのデフォルト値
> Linux:64
> Windows:128
> Solaris:255

TTL(Time To Live)とはそもそもパケットの生存期間です。
ルーターを超える毎に1つ減っていきます。

しかし、実際にpingを打って、64もルーターを超えることはほとんどありません。
そのためTTLが60前後ならlinux、120前後ならWindosであること言えるでしょう。
ルーターのOSも大抵64だと思います。

私は現在社内のシステムのお手伝いをすることもあるのですが、これが以外と役に立ちます。
このIPはなんだ??と思ってpingを打つと、linuxだ・・・。
となれば、いっきに対象が絞れてきます。

普通の業務PCではあまりlinuxを使っている人はいないでしょうから・・・。

いままでで、2、3回役に立った小粒の豆知識でした。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux, Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

telnetでポートが開いていることを確認する

インターネット上でテストをする際には、 ルーターでpingを返さないことはざらにあります。 そんな場合でも、相手のアプリが指定したポートだけは開けていなくては話になりません。 そんな場合にはtelne …

linux

ntpq -pの見方

ntpdを起動してもすぐには同期されません。 同期の状態を確認するのに使用するコマンドが ntpq -p です。 # ntpq -p remote refid st t when poll reach …

linux

samba(共有)の設定手順

INDEX1 (1)smbをyumでインストールする2 (2)linuxユーザーを追加する。3 (3)linxユーザーのパスワード4 (4)linuxユーザーをsmbaのユーザーに追加する5 (5)設 …

opensslによる自己署名によるSSL

INDEX1 1.秘密鍵作成のための擬似乱数の情報を生成2 2.サーバ用秘密鍵(server.key)の作成3 3.認証局への署名要求書(server.csr)の作成4 4.署名要求書(server. …

windows

WindowsをNTPサーバーにする

Windowsも簡単にNTPサーバーにすることができます。 レジストリの設定もしくは確認が必要です。 INDEX1 ①レジストリ2 ②レジストリ3 ③サービスの再起動4 WindowsのNTPサーバー …