Linux Windows

pingのTTLでOSを判別する

投稿日:2012年12月14日 更新日:

pingのTTLを見ると、簡単なOSの判別が可能です。

ping

これは私のPC(Windows)と、そのPC上で起動させているCentOS(linux)へそれぞれpingを打った時のものです。
TTLが128のものがWindows,64のものがCentOSです。
実はOSによってTTLのデフォルト値が異なるのです。

TTLのデフォルト値
> Linux:64
> Windows:128
> Solaris:255

TTL(Time To Live)とはそもそもパケットの生存期間です。
ルーターを超える毎に1つ減っていきます。

しかし、実際にpingを打って、64もルーターを超えることはほとんどありません。
そのためTTLが60前後ならlinux、120前後ならWindosであること言えるでしょう。
ルーターのOSも大抵64だと思います。

私は現在社内のシステムのお手伝いをすることもあるのですが、これが以外と役に立ちます。
このIPはなんだ??と思ってpingを打つと、linuxだ・・・。
となれば、いっきに対象が絞れてきます。

普通の業務PCではあまりlinuxを使っている人はいないでしょうから・・・。

いままでで、2、3回役に立った小粒の豆知識でした。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux, Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

WSL Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux 私はvmware playerでCentOSを起動してつかっていました。何が違うのか、興味本位でWindows Subsystem for Li …

SSLオフロードとSSLリダイレクト・リダイレクト

最近のロードバランサーやるルーターにはSSLオフロードという機能がついています。 それは実際のWebサーバーではSSLの暗号回復をせず、ロードバランサーやルーターで行うといったものです。 それにより、 …

linux

linuxでSSH公開キー認証ユーザーを作成する

INDEX1 目的2 ユーザーの作成3 ユーザーの公開鍵と秘密鍵の作成4 作成した公開鍵をサーバーに配置5 SSH公開キー認証の設定6 rootに昇格可能ユーザーを制限7 追加ユーザーにsudoの設定 …

windows

Windows8.1の無線LANアダプター(WN-G300UA)でwifiのアクセスポイント(MZK-SA300D)が見えなくなった時の対応

手軽なwifiのアクセスポイント(MZK-SA300D)を使用していました。 しかし突然、頻繁に通信ができなくなりました。 繋がっては切れるの繰り返しです。 それがかなり続き、PC側の問題かもしれない …

windows

WindowsをNTPサーバーにする

Windowsも簡単にNTPサーバーにすることができます。 レジストリの設定もしくは確認が必要です。 INDEX1 ①レジストリ2 ②レジストリ3 ③サービスの再起動4 WindowsのNTPサーバー …