映画

映画「マン オブ スチール」★★☆☆☆(2)

投稿日:

 スーパーマンシリーズです。
私が思うに、これはシリーズでいえばゼロ、つまり最初の話にあたるものだと思います。
スーパーマンの誕生にまつわる物語です。

 そのためスーパーマンがデイリープラネットという新聞記者で、クラーク・ケントとして勤務しているといった程度の
基礎知識があれば十分に楽しむことができます。

 が、個人的に感想としてはかなり駄作の部類です。

 スーパーマンの故郷では、へんなドラゴンのような生き物が飛んでいたようですが、
指輪物語か?と疑ってしまいました。

 また、アクションが凄いにはすごいのですが、ここまで来るとどうせCGだらけです。
ストーリーもくそもないアクションシーンの連続です。

 一体何万人死んだ設定なのかは謎ですが・・・

 愚痴はさておき、スーパーマンの養父はなんとケビン・コスナーです。
またスーパーマンの実の父であるジョー・エルはラッセル・クロウです。
スーパーマン自身はヘンリー・カヴィルというイギリスの俳優でジェロム・レ・バンナ級の筋肉マンです。
が、それ以外ぱっとしないのが残念。

 要するに、いかに名俳優を起用しても表現するものがなければどうしようもないということでしょう。

個人的には相当な駄作であると思いますが、その分学ぶべきものも多い作品であると思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「her/世界でひとつの彼女」★★★☆☆(3)

声だけのOSの彼女にひかれていく話だ。 主人公のセオドアは、人の手紙を代筆する仕事をしている。 残念ながら、日本語字幕では大した感動はない。 とても残念です。 OSであるサマンサとの関係はこの映画の見 …

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …

映画「アメイジング・スパイダーマン 」★★★★☆(4)

この映画のポイントは、 なんといってもスパイダーマンのリアルさだろう。 特撮だらけの映画ではあるのだが、 スパイダーマンからだされるネットがやけにリアルに感じられ、 ニューヨークの摩天楼を飛び交う姿が …

映画「E.V.P エレクトリック・ボイス・フェノミナン」☆☆☆☆☆(0)

先に言っておくと、見る価値は全くありません。 綺麗すぎる精神病院の跡に、学生達が超常現象の調査に向かいます。 富士急ハイランドに、ジキュウ総合病院とい歩くタイプのお化け屋敷があります。 それと全く同じ …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …