映画

映画「舟を編む」★★★☆☆(3)

投稿日:

 日本アカデミーで最優秀作品賞を受賞した作品です。

テーマが斬新?で、辞書の編集を通して人々の関わり合いを描いています。

 流石日本アカデミーを受賞しただけあって、なかなか面白いと思います。
最優秀男優賞を受賞した松田龍平も、なかなかのはまり役です。

 一方受賞を逃した宮﨑あおいの役柄ももっともで、
重要なキャラではありますが、それほど出番はありません。
納得です。

 前半は非常に面白く、どんどん作品の世界に引き込まれていきます。
一方、終盤になればなるほど陳腐な内容で、
大した感動もありません。

 役者の演技にもくたびれた感じが漂うだけです。

 題材がよかっただけに、あと一歩という感じが否めません。

 見て損はありませんが、個人的にはおしい!作品です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …

映画「her/世界でひとつの彼女」★★★☆☆(3)

声だけのOSの彼女にひかれていく話だ。 主人公のセオドアは、人の手紙を代筆する仕事をしている。 残念ながら、日本語字幕では大した感動はない。 とても残念です。 OSであるサマンサとの関係はこの映画の見 …

映画「チョコレートドーナツ」★★★★☆(4)

オカマのダンサールディと、ゲイに目覚めた検事のポールが、ダウン症のマルコとともに暮らしはじめます。愛のない生活を送っていたマルコは、2人のゲイと暮らしながら本当の愛情を受けて過ごします。 とはいっても …

映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」★★★★☆(4)

サブタイトルは「かむさりなあなあにちじょう」と読む。 何が面白かったといわれればよくわからないが、 染谷将太や阿部純大たちの素朴な演技と林業がまっちしていて、日本映画らしい良い雰囲気をだしている。 最 …

映画「50/50 フィフティ・フィフティ」★★★★☆(4)

主人公アダム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が平凡なので共感をさそいます。 そして、彼を取り巻く人々が、少ないのですがまた平凡かつ実際にいそうなタイプなので、 とりわけドラマチックな感じがしないなが …