Linux

cronのmailを送信しないようにする

投稿日:2013年7月13日 更新日:

You have mail in /var/spool/mail/root
というメッセージを見たことがあるでしょう。
cronを起動するとmailが送信されます。
そして例えば、1分毎にcronを起動したりすると、
気づかないうちに恐ろしい数のメールを受信しておりディスクを圧迫します。

cronの実行時にmailを受信しなようにするには2つの方法があります。

1.crontabの設定を変更する

crontabにある MAIL= の値を “”(空) に変更します。

[root@localhost neko]# vim /etc/crontab
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
#MAILTO=root
MAILTO=""
HOME=/

# For details see man 4 crontabs

# Example of job definition:
# .---------------- minute (0 - 59)
# |  .------------- hour (0 - 23)
# |  |  .---------- day of month (1 - 31)
# |  |  |  .------- month (1 - 12) OR jan,feb,mar,apr ...
# |  |  |  |  .---- day of week (0 - 6) (Sunday=0 or 7) OR sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
# |  |  |  |  |
# *  *  *  *  * user-name command to be executed

もちろんこの方法は全てのcronの設定に反映されるのでいたってシンプルです。

2.cront登録の設定に dev/null を追加する

もしかしてエラーメールは受信したいなど思っているのであれば、
crontabのコマンド設定時にdev/nullを追加します。

[root@localhost neko]# crontab -e
## 標準出力のみメールを送信しない
* * * * * cmd 1> /dev/null
# 標準出力もエラーもメール送信しない
* * * * * cmd >/dev/null 2>&1

設定毎に制御できる点が魅力です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

ファイルに付いた行末の「^M」を削除する

Windowsで作成したファイルの改行コードはCR+LFです。 しかしLinuxの改行コードはLFだけなので、転送方法によってはWindowsで作成したテキストファイルをviで開くと、すべての行末に「 …

linux

ntpdの設定

ntpの設定は/etc/ntp.confで行います。 serverさえ設定してしまえばいいわけですが、 その他設定も少しあります。 INDEX1 restric2 server3 driftfile …

linux

linuxにSSHでログインする時に時間がかかる

login as: root root@192.168.171.128’s password: ←ここで時間がかかる! Last login: Fri Jan 11 18:30:24 2013 fro …

linux

fuserでファイルやソケットを使用しているプロセスを特定する

linuxでもプロセスを特定したい場合はあります。 fuseコマンドで確認できます。特にmaount関連は便利です。 オプション -a コマンドラインで渡されたすべてのファイルを表示する。 -k 指定 …

linux

linuxでGUIのネットワークが表示されない

コマンドも便利ですけど、GUIはもっと便利です・・・。 まずはインターフェイスファイルを編集します。 これを編集して保存すると、ネットワークが切断されます。 リモートで作業している時には注意が必要です …