Linux

vmware上のCentOSに仮想化ソフトxenをインストールする(1)概要

投稿日:2013年6月11日 更新日:

仮想化の種類

仮想かソフトには2種類あります。
「ホストOSを必要とするもの」と「ホストOSを必要としないもの」です。

「ホストOSを必要とするもの」として
「VMware」、「Microsoft Virtual Server」、「QEMU」などがあります。
これは大本となるWindowsなどに仮想化ソフトをインストールして、その元となるOS上で
仮想OSが動作します。

私はWindowsにVMwareをインストールして、
そのWindows上でCentOSを起動させるということをよくやります。
仮想マシンは簡単に復元したりコピーできるので、テスト環境にはもってこいです。

「ホストOSを必要としないもの」には、
「VMware ESX Server」や「Xen」があります。
ホストが必要ではない分オーバーヘッドがかなり少なくなります。

数回にわたって紹介するのは、
WindowsにVmwareをインストールしてCentOS(Linux)が起動している状態のものに、
さらにそのCentOS上でxenを起動させて複数のLinuxを起動させるという方法です。

ちなみにxenはホストOSを必要としないといっても、
後述する管理OS上では仮想マシン・モニターとうものが起動して
複数の仮想マシンを管理します。
このようなものを「ハイパーバイザ型」と呼ばれます。

xenの基本

上記にあるように、xenでは管理OSと、
それ以外のゲストOSに分かれます。
またこれらのOSはドメインとよばれ、
管理OSのことを「ドメイン0」、
ゲストOSのことを「ドメインU」と呼びます。

ドメイン0は1つだけです。
ドメインUはメモリーが許す限り複数起動できます。
起動させずに設定するだけならば、メモリーが足りなくても可能です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux
-

執筆者:

関連記事

linux

vmware上のCentOSに仮想化ソフトxenをインストールする(3)ドメインUのインストール

ドメインUのインストールはvirt-installコマンドで行います。 インストール自体は簡単ですので、 ここでは2点ポイントを紹介します。 メモリー不足のためのエラー 下記のようなエラーが出る場合が …

windows

pingのTTLでOSを判別する

pingのTTLを見ると、簡単なOSの判別が可能です。 これは私のPC(Windows)と、そのPC上で起動させているCentOS(linux)へそれぞれpingを打った時のものです。 TTLが128 …

linux

NFSをmountする

NFS(Network File System)をmountする方法です。 共有したいディレクトリを持つサーバーにNFSの設定をして、そこを参照したいサーバーでmountします。 INDEX1 NFS …

linux

tcpdumpでパケットキャプチャをする

パケットキャプチャといえばwire sharkでしょう。でも簡単にキャプチャしたい場合はいくらでもあるはずです。 linuxならtcpdumpがお勧めです。 INDEX1 基本的な使い方2 ソースホス …

linux

sudo

INDEX1 sudoの概要2 visudoで付与する権限を編集する3 Aliasの使用4 ログの出力先変更5 sudoの実行例6 パスワード sudoの概要 linuxでのセキュリティの方針として、 …