猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

投稿日:2013年5月19日 更新日:

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。

ボニーとクラウドが爽やかに、
そして苦しみながら、
罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。

当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を震わしながら銃を向けていたのだが・・・
フェイ・ダナウェイ演じるボニーはただのウエイトレスにすぎなかったのだが・・・

ジーン・ハックマン演じるバックは、
別作品「スケアクロウ」とは別人と思われるような演技を披露している。

見所をあげれば切りがない。

復習に燃える警官が、
憎らしく感じてしまう。

見ているうちに何が悪なのかが分からなくなってしまうほどの秀逸なアメリカンニューシネマだ。
是非みるべきだろう。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「舟を編む」★★★☆☆(3)

 日本アカデミーで最優秀作品賞を受賞した作品です。 テーマが斬新?で、辞書の編集を通して人々の関わり合いを描いています。  流石日本アカデミーを受賞しただけあって、なかなか面白いと思います。 最優秀男 …

映画「マレフィセント」★★★☆☆(3)

映像もキャストもすごいのだから、 思い切ってストーリーにもう少し毒があってもいいのではなかったでしょうか。 その点が少し残念です。 それを除けば大迫力の映像で、 もし私が子供だったら大迫力の映像に飲み …

映画「天空の城ラピュタ」★★★★★(5)

言わずとしれた不動の名作でしょう。 ストーリー、サウンド、世界観、何をとっても秀逸の一言です。 未来少年コナンで培ったものをすべて吐き出したといったところでしょうか? 個人的には「風の谷のナウシカ」と …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …

映画「LIFE」★★★★☆(4)

似たようなタイトルが多数ありますが、これは雑誌「LIFE誌」のデジタル化に伴うリストラの話です。 素朴な主人公がリストラに直前になりながら、新しい世界を体験していきます。 痛快です!!スッキリします! …