映画

映画「スケアクロウ」★★★★★(5)

投稿日:2013年5月18日 更新日:

マックス演じるジーン・ハックマン。
ライオン演じるアル・パチーノ。
超豪華キャストだ。

おそらく別の映画で二人を目にしたことがあるだろう。
この作品で、彼らがいかに実力派であるかを再認識することになるでしょう。

アメリカン・ニューシネマらしく、
社会への批判的な内容も含まれているかもしれないが、
この作品で注目すべきは暴力的な内容よりも、
二人の演技による心情描写だろう。

私には、
いつしか二人が入れ替わってしまったような気がしてしまった・・・。
実に切ない。

最後はアメリカン・ニューシネマお決まりの後味の悪さで締めくくっている。
実に見応えのある作品です。
おすすめ。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中 」★★★★★(5)

アメリカの「ジャッカス」というコメディシリーズの4作目です。 おじいちゃんと子供が、父親のもとへ向かって旅にでます・・・という設定で、 各地でドッキリをしながら回ります。 おじいちゃんと子供とは思えな …

映画「猫の恩返し」★★★☆☆(3)

金曜ロードショーでやってましたね。 私自身内容は忘れてましたが数回目だと思います。 ついついみてしまいます。 猫の恩返しの仕方が面白いと言ったら面白い。 ついつい見てしまうのでもっと評価が高いべきでし …

映画「タクシードライバー」★★★★★(5)

イージーライダー等のアメリカン・ニューシネマと言われる分野の代表作の一つ。 まず驚くのがロバート・デ・ニーロの細さだろう。 しかも若きロバート・デ・ニーロの演技力が冴えている。 少しダサいながらもいか …

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …

映画「蒲田行進曲」★★★★★(5)

往年の名作です。 ダメ役者ヤス(平田満)が、大物俳優の銀ちゃん(風間杜夫)から、 子供ができたということで、彼女の小夏(松坂慶子)を嫁にしろという展開から、 ヤスが一念発起していきます。 「(小指をた …