映画

映画「スケアクロウ」★★★★★(5)

投稿日:2013年5月18日 更新日:

マックス演じるジーン・ハックマン。
ライオン演じるアル・パチーノ。
超豪華キャストだ。

おそらく別の映画で二人を目にしたことがあるだろう。
この作品で、彼らがいかに実力派であるかを再認識することになるでしょう。

アメリカン・ニューシネマらしく、
社会への批判的な内容も含まれているかもしれないが、
この作品で注目すべきは暴力的な内容よりも、
二人の演技による心情描写だろう。

私には、
いつしか二人が入れ替わってしまったような気がしてしまった・・・。
実に切ない。

最後はアメリカン・ニューシネマお決まりの後味の悪さで締めくくっている。
実に見応えのある作品です。
おすすめ。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ローマ法王の休日」★☆☆☆☆(1)

初めの10分間はドキドキしました。 コンクラーベとうい日本人にはなじみのない法王を選出するシーンから始まります。 正直ここまでなら相当ランクの高い映画として評価するでしょう。 しかし、本題であるローマ …

映画「ソハの地下水道」★★★☆☆(3)

第二次大戦、ドイツ配下のポーランドで、 下水修理業者のソハが、ユダヤ人をかくまう話です。 残酷過ぎる映像はないものの、実話であるというのが忘れてはいけない現実です。 地下での生活を中心に描かれているた …

映画「アルゴ」★★☆☆☆(2)

1987年に実際に起こった6人のアメリカ大使館職員の脱出作戦。 アルゴという架空の映画作成を名目にCIA職員が救出にむかいます。 史実のようなのですが、そうだとすればあまりに片側からの視点しかなく、 …

映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★★(5)

さすがジェフリー・ラッシュというべき迫真の演技力です。 シャインの時もそうでしたが、 こうした特徴のある役柄をするほど彼の演技力は光るような気がします。 映画館で配られるチラシには 「結末を知ったらも …

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …