猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「タクシードライバー」★★★★★(5)

投稿日:2013年5月17日 更新日:

イージーライダー等のアメリカン・ニューシネマと言われる分野の代表作の一つ。
まず驚くのがロバート・デ・ニーロの細さだろう。
しかも若きロバート・デ・ニーロの演技力が冴えている。

少しダサいながらもいかれているタクシードライバー役がたまらない。

さらに魅力的なのが、
彼がふられた腹いせ?かなにかで鍛えていくシーンが、
異常者を見事に表現している。

最後のシーンは脇役共々すばらしい演技で、
アメリカン・ニューシネマらしい銃撃シーンとなっている。

ここでは伏せておくが、
その後の展開の以外さ?もアメリカン・ニューシネマ独特の
え〜〜と思わせるものとなっている。

今見ても見応えたっぷりなのが驚きだ。
おすすめします。

なお下記の画像のモヒカンがロバートデニーロです。
お間違いなく :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」★★★★☆(4)

驚愕のCG映画です! 今のCGは本気をだせばここまできたのか! と思わせる映像の連続です。 ストーリーは本で読んだとしてもそこそこ面白いのかもしれませんが、 これを映画化するのは大したものです。 あま …

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」★★☆☆☆(2)

 あまり外れたところはないと思うが、 目新しいものを何も感じないのがとても残念です。 とにかくオリジナリティに欠けています。  よくある死者が見えるパターンの主人公が活躍します。 最後の驚くべき展開! …

映画「おおかみこどもの雨と雪」★★★☆☆(3)

子供たちがとても愛らしく描かれています。 別々の生き方を選んでいく子供たちと、 けなげで明るいお母さんを見ていると、 見事に物語に引き込まれてしまいます。 個人的にはお父さんの死がいまいち納得できませ …

映画「猿の惑星 新世紀」★★☆☆☆(2)

2011年の映画『猿の惑星: 創世記』の続編。 今でも猿の惑星をみてしまうのは、 昔テレビでみた猿の惑星の最後がニューヨークだった! とうい展開が衝撃すぎたからだろう。 あの日の衝撃を引きずりながらつ …

映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★★(5)

さすがジェフリー・ラッシュというべき迫真の演技力です。 シャインの時もそうでしたが、 こうした特徴のある役柄をするほど彼の演技力は光るような気がします。 映画館で配られるチラシには 「結末を知ったらも …