Linux

fuserでファイルやソケットを使用しているプロセスを特定する

投稿日:2013年3月24日 更新日:

linuxでもプロセスを特定したい場合はあります。
fuseコマンドで確認できます。特にmaount関連は便利です。

オプション
-a コマンドラインで渡されたすべてのファイルを表示する。
-k 指定したファイルにアクセスしているプロセスをkill する。
-i プロセスをkillする前にユーザーに確認する。
-l 使用できる signal すべてをリストアップする。
-m  filename には、マウントされたファイルシステム上のファイルか、マウントされたブロックデバイスを指定する。そのファイルシステム上のファイルにアクセスしているすべてのプロセスが表示される。
-n tcpとか指定
-s 表示を抑制する。 -u, -v はこのモードでは無視される。
-u それぞれの PID にプロセスの所有者名を追加する。
-v verboseモード。だらだら表示。

#ポート80を使用しているプロセスIDのチェック
# fuser -nuv tcp 80

                     USER        PID ACCESS COMMAND
80/tcp:              root       5454 F.... (root)httpd
                     apache     5455 F.... (apache)httpd
                     apache     5456 F.... (apache)httpd


#マウントしているファイルを使用しているプロセスを確認する
# fuser -muv /mnt/moutdir

                     USER        PID ACCESS COMMAND
/mnt/moutdir   :     root      14232 ..c.. (root)bash

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

ntpdの設定

ntpの設定は/etc/ntp.confで行います。 serverさえ設定してしまえばいいわけですが、 その他設定も少しあります。 INDEX1 restric2 server3 driftfile …

linux

ntpq -pの見方

ntpdを起動してもすぐには同期されません。 同期の状態を確認するのに使用するコマンドが ntpq -p です。 # ntpq -p remote refid st t when poll reach …

vmware toolのインストール

よくvmware toolのインストールを促す画面が表示されます。 ツールのインストールをクリックしましょう。 ↑のように自動でマウントしてくれます。 インストール方法が表示されますのでその通りに実行 …

PHPでは文字列の比較に==を使用してはいけない

==を使用しても、文字列の比較にはなりません。 必ず「===」もしくは「strcmp」を使いましょう! 否定する場合は「!==」です。 もし「==」とすれば”00″は&#822 …

linux

viで行番号を表示させる

カーソルで移動しながらエラー行までいったりするのは大変です。 おまけにcatコマンドとは違い、画面のスクロールが利用できません。 一応右下に、カーソルの行が表示されているのですが、やっぱり行番号が必用 …