Linux

ファイルに付いた行末の「^M」を削除する

投稿日:2013年3月25日 更新日:

Windowsで作成したファイルの改行コードはCR+LFです。
しかしLinuxの改行コードはLFだけなので、転送方法によってはWindowsで作成したテキストファイルをviで開くと、すべての行末に「^M」が表示される場合があります :x001:

viで
:%s/検索文字列/置換文字列/g
つまり
:%s/^M//g
と入力すればいいわけです。

しかし、「^M」をそのまま入力しても消せません。
「^M」は制御コードを表しているからです。

^Mを入力するには、[Ctrl]+[V]キーを押してから、[Ctrl]+[M]キーを押す必要があります。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

yum install php-mysql

いつもyumで何をインストールしたらいいかを忘れるのでメモ・・・ 今回はphp.iniの設定等は省略です。 INDEX1 PHPをインストール2 php-mysqlをインストール3 (おまけ)PHPを …

linux

CentOS7にGNOMEをインストールしてデスクトップ環境を使えるようにする

INDEX1 GNOME(グノーム)かKDE(ケーディーイー)か2 grouplistの確認3 インストール4 X Window Systemを起動5 OSのデフォルトランレベルの変更 GNOME(グ …

mysql

MySQL ERROR: Can’t connect to MySQL server on ‘xxx.xxx.x.xx’ (13)

MySQL ERROR: Can’t connect to MySQL server on ‘xxx.xxx.xxx.xxx’ (13) はSELinuxによる接続 …

linux

mailコマンドでメールを読む

linxを操作していれば必ず発生しているのが You have mail in /var/spool/mail/root です。 メッセージの通り/var/spool/mail/root とにあり、ア …

linux

ntpdの確認

NTP(NetworkTimeProtocol)はサーバー管理には必須の機能の一つです。 ntpdの設定はここでは省略します。 ここでは確認方法を紹介します。 がまずは手動で同期させる方法です。 IN …