猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ファイルに付いた行末の「^M」を削除する

投稿日:2013年3月25日 更新日:

Windowsで作成したファイルの改行コードはCR+LFです。
しかしLinuxの改行コードはLFだけなので、転送方法によってはWindowsで作成したテキストファイルをviで開くと、すべての行末に「^M」が表示される場合があります :x001:

viで
:%s/検索文字列/置換文字列/g
つまり
:%s/^M//g
と入力すればいいわけです。

しかし、「^M」をそのまま入力しても消せません。
「^M」は制御コードを表しているからです。

^Mを入力するには、[Ctrl]+[V]キーを押してから、[Ctrl]+[M]キーを押す必要があります。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

vimを使ってPHPをデバッグする(xdebug+debugger)

以前xdebugのインストールを紹介しました。 このxdebugがインストールされていることが前提です。 WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにx …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …

linux

linuxでGUIのネットワークが表示されない

コマンドも便利ですけど、GUIはもっと便利です・・・。 まずはインターフェイスファイルを編集します。 これを編集して保存すると、ネットワークが切断されます。 リモートで作業している時には注意が必要です …

linux

NFSをmountする

NFS(Network File System)をmountする方法です。 共有したいディレクトリを持つサーバーにNFSの設定をして、そこを参照したいサーバーでmountします。 INDEX1 NFS …

linux

ランレベルの設定と確認(chkconfig)

ランレベルは、linuxのサービスの起動設定です。 #chkconfig –list で確認できます。 0 システムの停止 1 シングルユーザーモード 2 マルチユーザーモード(NFSなし) 3 マ …