映画

映画「50/50 フィフティ・フィフティ」★★★★☆(4)

投稿日:2013年1月21日 更新日:

主人公アダム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が平凡なので共感をさそいます。
そして、彼を取り巻く人々が、少ないのですがまた平凡かつ実際にいそうなタイプなので、
とりわけドラマチックな感じがしないながらも何故か引き込まれていきます。

特に親友のカイル(セス・ローゲン)の悪態ブリが、彼との友情を感じさせます。

よくあるような、病気役だからダイエットしたとかは、アダムには微塵も感じられません。

この映画は、CGや特撮や無理な減量といったものではなくとも、
演技だけで人間関係を見事に表現していると思われるなかなかの名作です。

とりたてて深刻な映画でもありませんし、病気を主題としたものなのでお笑いばかりでもありませんが、
映画としてはブレのない素晴らしい作品でした。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「マン オブ スチール」★★☆☆☆(2)

 スーパーマンシリーズです。 私が思うに、これはシリーズでいえばゼロ、つまり最初の話にあたるものだと思います。 スーパーマンの誕生にまつわる物語です。  そのためスーパーマンがデイリープラネットという …

映画「モンスターズ・ユニバーシティ」★★★★☆(4)

「モンスターズインク」のサリーとマイクの出会いを描いた続編です。 2人ともキャラがいいだけに、かなり面白いできになっていると思います。 サリーが意外?にも名門の家庭だったのには驚きですが、 話が進むと …

映画「華麗なるギャツビー」★★★☆☆(3)

原作はアメリカ人なら誰もがしっているF・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー(The Great Gatsby)』です。 グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫) 1974年にロ …

映画「ローマ法王の休日」★☆☆☆☆(1)

初めの10分間はドキドキしました。 コンクラーベとうい日本人にはなじみのない法王を選出するシーンから始まります。 正直ここまでなら相当ランクの高い映画として評価するでしょう。 しかし、本題であるローマ …

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …