映画

映画「サイン」★★★★☆(4)

投稿日:2013年1月9日 更新日:

牧師だったグラハム(メル・ギブソン )の周りに奇怪な出来事が起こり始めます。

ストリーには伏線が多く、最後になってやっと全てが理解できます。
そのため、単調な感じの会話も見逃せません。

エイリアンとの遭遇?と言った壮大なスケールを、ほぼ1件の家と畑で描いているところが大胆すぎます。

2002年公開だったことを考えると、もう少し凝った方がいいのでは・・・
と思いそうになるのですが、このことをカバーするかのごとく役者の演技が光ります。

余談ですが、途中寝てしまって3日に分けてみることになりました :x001:
が、それはつまらなかったからではなく、疲れていただけなのです。
見終わった感が結構ある、映画でした。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「96時間/リベンジ」★★★★☆(4)

相変わらず悪党を虫けらのように殺していくあたりに、 ある種の爽快感があります。 人の命の価値観が問われる作品ではありますが、 細かいことを抜きに、アクション映画としてみるとなかなかのできだと思います。 …

映画「イージーライダー」★★★★★(5)

アメリカン・ニューシネマの代表作。 映画が何か人の心に訴えるためのものであるとすれば、 この映画は最高評価となるでしょう。 ただし私が感じたのは、後味の悪さと気持ち悪さだった・・・という点でこれは低評 …

映画「ジャッキー・コーガン」★★★☆☆(3)

原タイトルは「Killing Them Softly」であり、1974年の小説、「Cogan’s Trade」(ジョージ・V・ヒギンズ)を原作としている。 Cogan’s Trade (V …

映画「ライジング・ドラゴン」★★☆☆☆(2)

ジャッキーチェンが大好きなのでみてしまいました。 正直かなり残念な作品に思えます。 初めのアクションで、アクションらしいものは完結してしまいます。 中身も正直つまらないの一言です。 ただ、私が子供の時 …

映画「300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜」★★★☆☆(3)

前作の「テルモピュライの戦い」を含みながら、 別の支店からペルシア帝国との戦いを描いている。 ゴルゴ王妃のが前作と今回では変わった気がした。 調べてみると、両方ともレナ・ヘディが演じている。 見間違い …