猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「もしも昨日が選べたら」★★☆☆☆(2)

投稿日:2013年1月8日 更新日:

オリジナルのタイトルは「click」です。
主人公のマイケル(アダム・サンドラー)は、高性能リモコンを手に入れ、時間までをも自由にあやつることができるようになってしまうとうストーリー。

時間を操ることができてしまうことの悲劇を描いた内容の物語は、童話に始まり多数あります。
もしそう言った話しを聞いたことがなければ斬新に感じるかもしれません。

しかし、1つでもそう言った話しを聞いたことがあった人にとっては、ストーリーはみえみえです。
昔話を現代風にアレンジし、コメディを交えたファミリー映画にしたかったのでしょうか・・・。

それにしては、エロい内容も多く、マイケルの性格自体が私には受け入れがたいものがあり、
(時間をとめては人を蹴ったり殴ったり・・・)
そういうのを笑える人にはいいのかも知れませんが、子供と見るにはお勧めできません。

大人が見るには陳腐なストーリーであり、子供と見るにはちょっと下品すぎるといった、
誰に見せたかったのかがよくわかりません。
恐らく監督かだれかのエゴによって脚色されたものでしょう。つまりB級です :x001:

ただ、全体を通しての主題は、さすがさまざまなアニメやおとぎ話になっているような内容だけあり、
最後の方でやっと感情移入できました。

が一番最後でやっぱり「やっぱり!」的な落ちがついてくるあたりがさすがでした。

最後の最後まで、ある意味期待を裏切りません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「グランド・イリュージョン」★★★☆☆(3)

映像的に観ていてすごいと思うことは間違いないでしょう。 しかし、ウディ・ハレルソン演じるメリット・マッキニーがそもそも無理があります。 あれができたらなんでもありなんじゃないでしょうか・・・ 補足では …

映画「明日に向かって撃て!」★★★★★(5)

スティングで共演したポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再び共演した作品です。 それだけでも興奮ものですが、中身も最高のアメリカン・ニューシネマです。 知的なブッチ・キャシディ(ポール・ニュ …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …

映画「ソハの地下水道」★★★☆☆(3)

第二次大戦、ドイツ配下のポーランドで、 下水修理業者のソハが、ユダヤ人をかくまう話です。 残酷過ぎる映像はないものの、実話であるというのが忘れてはいけない現実です。 地下での生活を中心に描かれているた …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …