Linux

wgetの利用方法

投稿日:2012年12月20日 更新日:

linuxにある強力なget、post等ができる便利なコマンドがwgetです。

私はvmware上で起動させているlinux(CentOS)から、このコマンドでサーバーへgetやpostを行ってよくテストをしています。

get

wgetの後にURLをつければそのページを取得しますし、-rをつければサイトごと取得します。

[root@centos]# wget -r  http://localhost/index.html

ベーシック認証

ベーシック認証の確認もできます。

[root@centos]# wget -r  http://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

post

postも簡単です。

[root@centos]# wget --post-data='パラメーター1=値&パラメーター2=値' http://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

サーバー証明書を検証しない

Webサーバーのテストではかなり役立つオプションです。
オレオレ認証局を立てて自己署名証明書を発行した場合にはこのオプションを使います。

[root@centos wget]#wget --no-check-certificate --post-data='パラメーター1=値&パラメーター2=値' https://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

ヘッダーを指定する

[root@centos wget]#wget --header="Content-Type: text/xml; charset=utf-8" https://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

ファイルの内容をpostする

複雑な内容をpostする時などはこれが便利です。

[root@centos wget]#wget --post-file=/xxx/xxx.txt https://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

ちなみにオプションに順番はありません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(2)WindowsのEclipseの設定

前回の WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにxdebuをインストールする で紹介したxdeugのインストールが前提となります。 ここでリモートデ …

linux

fuserでファイルやソケットを使用しているプロセスを特定する

linuxでもプロセスを特定したい場合はあります。 fuseコマンドで確認できます。特にmaount関連は便利です。 オプション -a コマンドラインで渡されたすべてのファイルを表示する。 -k 指定 …

linux

LV(論理ボリューム)の拡張

マウントされているサイズ(/varなど)を拡張する場合には、論理ボリュームを拡張します。 以下の作業はオンラインで可能です。 INDEX1 マウントされている論理ボリュームを確認する2 論理ボリューム …

linux

opensslでクライアント用証明書を作成する

opensslでderやcerを作成する方法です。 ・derを作成する # openssl x509 -inform pem -in /etc/httpd/conf/cert/server.crt – …

windows

WSL Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux 私はvmware playerでCentOSを起動してつかっていました。何が違うのか、興味本位でWindows Subsystem for Li …