Linux

wgetの利用方法

投稿日:2012年12月20日 更新日:

linuxにある強力なget、post等ができる便利なコマンドがwgetです。

私はvmware上で起動させているlinux(CentOS)から、このコマンドでサーバーへgetやpostを行ってよくテストをしています。

get

wgetの後にURLをつければそのページを取得しますし、-rをつければサイトごと取得します。

[root@centos]# wget -r  http://localhost/index.html

ベーシック認証

ベーシック認証の確認もできます。

[root@centos]# wget -r  http://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

post

postも簡単です。

[root@centos]# wget --post-data='パラメーター1=値&パラメーター2=値' http://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

サーバー証明書を検証しない

Webサーバーのテストではかなり役立つオプションです。
オレオレ認証局を立てて自己署名証明書を発行した場合にはこのオプションを使います。

[root@centos wget]#wget --no-check-certificate --post-data='パラメーター1=値&パラメーター2=値' https://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

ヘッダーを指定する

[root@centos wget]#wget --header="Content-Type: text/xml; charset=utf-8" https://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

ファイルの内容をpostする

複雑な内容をpostする時などはこれが便利です。

[root@centos wget]#wget --post-file=/xxx/xxx.txt https://localhost/index.html --http-user=ユーザー名 --http-passwd=パスワード

ちなみにオプションに順番はありません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

CentOS7にGNOMEをインストールしてデスクトップ環境を使えるようにする

INDEX1 GNOME(グノーム)かKDE(ケーディーイー)か2 grouplistの確認3 インストール4 X Window Systemを起動5 OSのデフォルトランレベルの変更 GNOME(グ …

PHPでは文字列の比較に==を使用してはいけない

==を使用しても、文字列の比較にはなりません。 必ず「===」もしくは「strcmp」を使いましょう! 否定する場合は「!==」です。 もし「==」とすれば”00″は&#822 …

linux

viで行を削除する

INDEX1 カーソルのある行から削除する2 指定した行を削除する3 特定の行で、カーソルの前後を削除する カーソルのある行から削除する ノーマルモードで dd でカーソルのある行を削除できます。 数 …

linux

アーカイブと圧縮の基本(tar・gzip)

INDEX1 gzipで圧縮2 gunzipで解凍3 tarでアーカイブする4 アーカイブを作成5 アーカイブを展開6 アーカイブを確認する7 アーカイブにファイルを追加8 アーカイブから特定のファイ …

vimを使ってPHPをデバッグする(xdebug+debugger)

以前xdebugのインストールを紹介しました。 このxdebugがインストールされていることが前提です。 WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにx …