映画

映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★★(5)

投稿日:

私はHFR(ハイ・フレーム・レート)、つまり通常は秒間24コマのところ48コマ使用している3Dでみました。
これが正解でした!!

以前、アイアンマンを3Dで見たのですが、目が疲れて半分寝てしまいました・・・。
しかし今回は違いました。ドラゴンの炎がまるで真横に感じました!
3Dメガネにスイッチがあります。眼鏡でどのような処理がされているかは知りませんが、本当に美しい3Dでした。
映画館でみるなら、普通の3Dはお勧めしませんが、HFRなら絶対お勧めします :x002:

肝心の内容ですが、ロード・オブ・ザ・リングからのファンにとってはたまりません。
人間?模様、ストーリー、全てにおいての完結作と言えるでしょう。

ただし注意が必用です。もしも第一作(ホビット『思いがけない冒険』)、第二作(ホビット『竜に奪われた王国』)を見ていなければ、必ずビデオを見てから本作品は見て下さい。
逆に、ロード・オブ・ザ・リングはホビットの後に見ても十分に楽しめます。
シリーズものなので、その点には注意が必用です。

この映画は必然的に、見る人にとっては最高傑作となるでしょう。
要するに、第三作目まで見る人はまぎれもないファンタジーファンです。
そしてこの映画は、ファンタジーの中での最高傑作です。
もしも前作までのホビットを見ている人なら、必ず見るべきです。

最後に、第一作(ホビット『思いがけない冒険』)に出てくるこの言葉を思い出してから、『決戦のゆくえ』を見てください。

『ミスランディア(=ガンダルフのこと)。なぜホビットを?』とガラドリエルがガンダルフに尋ねます。

『わからない。サルマンは偉大な力だけが悪を封じると・・・。わしの考えは違う。大事なのは些細な事だと気付いた。普通の人々の日々の行いが闇を追い払うのです。思いやりや愛情が・・・。なぜバキンズか?たぶんわしも怖いのです・・・。彼は勇気を与えてくれる・・・』

このやり取りの中に、タイトルがホビットである意味が込められています。
第三部だけみたら、タイトルは『ドワーフ』なのでは!?と思うかもしれません。
しかし、タイトルは間違いなくホビットが正解です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「LIFE」★★★★☆(4)

似たようなタイトルが多数ありますが、これは雑誌「LIFE誌」のデジタル化に伴うリストラの話です。 素朴な主人公がリストラに直前になりながら、新しい世界を体験していきます。 痛快です!!スッキリします! …

映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」☆☆☆☆☆(0)

結論からいうと信じがたい程につまらない映画でした。 本が結構うれたような気がしたので見たのですが、この映画と本は、別ストーリーなのでしょうか。 全ての演技が信じがたい程に陳腐に感じられます。 おばあち …

映画「鍵泥棒のメソッド」★★★★★(5)

公開されたのは2012年だが、今が見ごろの超おすすめ作品です。 何がお勧めかといいますとキャストです! なんとあの半沢直樹と同じ、超豪華キャストなのです!! 桜井武史:堺雅人・・・主人公のダメ人間 コ …

映画「耳をすませば」★★☆☆☆(2)

多感な少年少女の物語といったところでしょうか。 進路に悩むといったあたりは誰にでもあるでしょうから共感すべきところは多いと思います。 ただ後半の物語の空想シーンは正直好きではありません。 この映画の見 …

映画「イージーライダー」★★★★★(5)

アメリカン・ニューシネマの代表作。 映画が何か人の心に訴えるためのものであるとすれば、 この映画は最高評価となるでしょう。 ただし私が感じたのは、後味の悪さと気持ち悪さだった・・・という点でこれは低評 …