猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★★(5)

投稿日:

私はHFR(ハイ・フレーム・レート)、つまり通常は秒間24コマのところ48コマ使用している3Dでみました。
これが正解でした!!

以前、アイアンマンを3Dで見たのですが、目が疲れて半分寝てしまいました・・・。
しかし今回は違いました。ドラゴンの炎がまるで真横に感じました!
3Dメガネにスイッチがあります。眼鏡でどのような処理がされているかは知りませんが、本当に美しい3Dでした。
映画館でみるなら、普通の3Dはお勧めしませんが、HFRなら絶対お勧めします :x002:

肝心の内容ですが、ロード・オブ・ザ・リングからのファンにとってはたまりません。
人間?模様、ストーリー、全てにおいての完結作と言えるでしょう。

ただし注意が必用です。もしも第一作(ホビット『思いがけない冒険』)、第二作(ホビット『竜に奪われた王国』)を見ていなければ、必ずビデオを見てから本作品は見て下さい。
逆に、ロード・オブ・ザ・リングはホビットの後に見ても十分に楽しめます。
シリーズものなので、その点には注意が必用です。

この映画は必然的に、見る人にとっては最高傑作となるでしょう。
要するに、第三作目まで見る人はまぎれもないファンタジーファンです。
そしてこの映画は、ファンタジーの中での最高傑作です。
もしも前作までのホビットを見ている人なら、必ず見るべきです。

最後に、第一作(ホビット『思いがけない冒険』)に出てくるこの言葉を思い出してから、『決戦のゆくえ』を見てください。

『ミスランディア(=ガンダルフのこと)。なぜホビットを?』とガラドリエルがガンダルフに尋ねます。

『わからない。サルマンは偉大な力だけが悪を封じると・・・。わしの考えは違う。大事なのは些細な事だと気付いた。普通の人々の日々の行いが闇を追い払うのです。思いやりや愛情が・・・。なぜバキンズか?たぶんわしも怖いのです・・・。彼は勇気を与えてくれる・・・』

このやり取りの中に、タイトルがホビットである意味が込められています。
第三部だけみたら、タイトルは『ドワーフ』なのでは!?と思うかもしれません。
しかし、タイトルは間違いなくホビットが正解です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …

映画「残酷メルヘン/親指トムの冒険」★☆☆☆☆(1)

グリム童話が本当は残酷な話というのはよくご存じでしょう。 それに刺激されて作ったものと思われます。 個人的には、 前半が「ヘンゼルとグレーテル」、 後半が「三枚のお札」(これは日本の話ですが・・・) …

映画「チョコレートドーナツ」★★★★☆(4)

オカマのダンサールディと、ゲイに目覚めた検事のポールが、ダウン症のマルコとともに暮らしはじめます。愛のない生活を送っていたマルコは、2人のゲイと暮らしながら本当の愛情を受けて過ごします。 とはいっても …

映画「ぼくたちのムシュ・ラザール」★★★☆☆(3)

自殺した女性教師の代わりに来た、アルジェリア移民の先生と生徒達の話しです。 この手の映画には非常につまらない作品も多いので、一か八かで見てみました。 結構淡々としている感はあるのですが、いまいちな先生 …

映画「崖っぷちの男」★★★☆☆(3)

自らの無実を証明するために、ホテルの窓の外から飛び降りようとする男の話し・・・。 実はこの飛び降りようとするフリは作戦で、横のビルでは弟達が・・・。 崖っぷちの男はずっと窓の外に居るせいで、結構ドキド …