映画

映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★★(5)

投稿日:

私はHFR(ハイ・フレーム・レート)、つまり通常は秒間24コマのところ48コマ使用している3Dでみました。
これが正解でした!!

以前、アイアンマンを3Dで見たのですが、目が疲れて半分寝てしまいました・・・。
しかし今回は違いました。ドラゴンの炎がまるで真横に感じました!
3Dメガネにスイッチがあります。眼鏡でどのような処理がされているかは知りませんが、本当に美しい3Dでした。
映画館でみるなら、普通の3Dはお勧めしませんが、HFRなら絶対お勧めします :x002:

肝心の内容ですが、ロード・オブ・ザ・リングからのファンにとってはたまりません。
人間?模様、ストーリー、全てにおいての完結作と言えるでしょう。

ただし注意が必用です。もしも第一作(ホビット『思いがけない冒険』)、第二作(ホビット『竜に奪われた王国』)を見ていなければ、必ずビデオを見てから本作品は見て下さい。
逆に、ロード・オブ・ザ・リングはホビットの後に見ても十分に楽しめます。
シリーズものなので、その点には注意が必用です。

この映画は必然的に、見る人にとっては最高傑作となるでしょう。
要するに、第三作目まで見る人はまぎれもないファンタジーファンです。
そしてこの映画は、ファンタジーの中での最高傑作です。
もしも前作までのホビットを見ている人なら、必ず見るべきです。

最後に、第一作(ホビット『思いがけない冒険』)に出てくるこの言葉を思い出してから、『決戦のゆくえ』を見てください。

『ミスランディア(=ガンダルフのこと)。なぜホビットを?』とガラドリエルがガンダルフに尋ねます。

『わからない。サルマンは偉大な力だけが悪を封じると・・・。わしの考えは違う。大事なのは些細な事だと気付いた。普通の人々の日々の行いが闇を追い払うのです。思いやりや愛情が・・・。なぜバキンズか?たぶんわしも怖いのです・・・。彼は勇気を与えてくれる・・・』

このやり取りの中に、タイトルがホビットである意味が込められています。
第三部だけみたら、タイトルは『ドワーフ』なのでは!?と思うかもしれません。
しかし、タイトルは間違いなくホビットが正解です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「僕が星になるまえに」★★★☆☆(3)

個人的には以前にたような映画を見た気がしてならない。 男ばかりの友情を描いている点は評価に値する。 なんとなくスタンドバイミーを連想させるが、 大人の旅なのでそこまでのさわやかさはない。 もしかしてツ …

映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」★★★☆☆(3)

私は「ウルヴァリン: SAMURAI」 を先に見てしまいましたが、 X-MEN ZEROの方が時代的にも前の話です。 ウルヴァリンの誕生が描かれているので、 ファンは必見です 重要な関連性はないので、 …

映画「それでも夜はあける」★★★★☆(4)

アメリカの奴隷制度を題材とした実話です。 この類の実話を映画を通して伝えていくことは映画の役割なのではないか、と最近私は思います。 奴隷制度いかに理不尽であるかを、この映画は十分に伝えています。 また …

映画「大統領の料理人」★★★☆☆(3)

南極のフランス観測基地で料理人としての最終日を迎えるオルタンス。 彼女はここに来る前に2年間、大統領の料理人として活躍していました。 そんな彼女が南極へくることとなった2年間の大統領の料理人生活を振り …

映画「スティング (The Sting)」★★★★★(5)

「明日に向かって打て!」で共演した ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再度共演し大成功をおさめた アメリカン・ニューシネマの代表作の一つです。 タイトルを見ただけではよくわかりませんが、 …