映画

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」★★★★☆(4)

投稿日:

誰が見てもそこそこ楽しめる映画といえるでしょう。
非常に残念なこと一つ。
私がスター・トレックを見たことがなく、知らないことです。

もし以前に見ていれば、思い入れも深くなり最高だったかもしれません。
ちなみに本編は映画では12作目のようです。

wikiによると、スタートレックは
『1966年に開始した初代シリーズでは、作者であるジーン・ロッデンベリーが理想とする未来像を描きつつ、現代における様々な社会問題をSFの形で提示した。1988年以降開始された新シリーズにおいても、現実社会の複雑化を反映して、今日に至るヒットに結びついた。』
とのことです・・・。

と、ここまで来てやっとこの映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の新の意図が見えてきたような気がします。
この映画は遺伝子組み換えによって誕生した優生人類との対決?が主題と思われます。
しかし、決着はつかないまま冷凍保存されてしまします・・・。

先日小保方晴子さんらにより、「新型万能細胞」が発表されました。
もう、リアル・カーンの時代はそこまで来ているのです。
正直恐ろしいまでのタイミングでの風刺映画ともいえるでしょう。

スタートレックが今なお爆発的な人気をはくしてるのも納得です。
このストーリーにこの迫力。売れないわけがありません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」★★☆☆☆(2)

 あまり外れたところはないと思うが、 目新しいものを何も感じないのがとても残念です。 とにかくオリジナリティに欠けています。  よくある死者が見えるパターンの主人公が活躍します。 最後の驚くべき展開! …

映画「それでも夜はあける」★★★★☆(4)

アメリカの奴隷制度を題材とした実話です。 この類の実話を映画を通して伝えていくことは映画の役割なのではないか、と最近私は思います。 奴隷制度いかに理不尽であるかを、この映画は十分に伝えています。 また …

映画「96時間」★★★★☆(4)

96時間リベンジの公開に合わせて、 テレビで放映していました。 でかいリーアム・ニーソンが大迫力で無茶苦茶な活躍をしてくれます。 父の愛の前では、他人の家庭はどうでもいい! 悪者は殺していい! という …

映画「ピンク・フラミンゴ」★★★★☆(4)

ジョン・ウォーターズ監督の低予算映画。 世界で一番下品な人間を争うという内容。 ドラッグ・クイーン姿のディヴァインのヴィジュアルが強烈すぎてわすれられない。 それ以上に内容が衝撃的?(下品?)過ぎてト …

映画「スーパーマン リターンズ」★★☆☆☆(2)

 ここ数年スーパーマンシリーズが多数でているが、 タイトルを見ただけではどの時期の話かは理解できないのがまず痛い。  本作品は、スーパーマンが故郷の星「クリプトン」の残骸が発見されたと聞き、愛するロイ …