映画

映画「リンカーン(Lincoln)」★☆☆☆☆(1)

投稿日:

南北戦争の最中、当時の大統領エイブラハム・リンカーンが、
奴隷解放宣言に引き続き、
アメリカ合衆国憲法修正第13条を可決することで奴隷解放の法的根拠を成立させようとする実話です。

非常に興味深いが、特に他国であるアメリカの歴史という難解なテーマを、
非常に分かりやすく教えてくれる映画ではあるのですが、
映画として面白いかどうかは別問題です。

正直私にはあまり面白い内容ではありませんでした。

ほとんどが議会での賛成票を得るための工作のシーンなのですが、
日本語訳の問題なのかどうかわかりませんが、
あまり感動しません。
リンカーンが頻繁に話だす例え話も面白くありません・・・。

日本人の私たちにとって、
弁論でしたら半沢やリーガルハイの方が相当面白いと思われます。

そのため映画としての評価は個人的にはほとんどありません。

しかし、南北戦争やリンカーン、奴隷解放について知るにはこれほどいい映画はないでしょう。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「思い出のマーニー」★★★★☆(4)

スタジオジブリの米林宏昌監督による作品として有名になりました。 当時は米林監督が毎日のようにドキュメンタリー番組に出ていたのが印象的です。 正直いうと、寝ずにみるのは不可能なほどくだらない作品と思って …

映画「グランド・イリュージョン」★★★☆☆(3)

映像的に観ていてすごいと思うことは間違いないでしょう。 しかし、ウディ・ハレルソン演じるメリット・マッキニーがそもそも無理があります。 あれができたらなんでもありなんじゃないでしょうか・・・ 補足では …

映画「ローマ法王の休日」★☆☆☆☆(1)

初めの10分間はドキドキしました。 コンクラーベとうい日本人にはなじみのない法王を選出するシーンから始まります。 正直ここまでなら相当ランクの高い映画として評価するでしょう。 しかし、本題であるローマ …

映画「ソハの地下水道」★★★☆☆(3)

第二次大戦、ドイツ配下のポーランドで、 下水修理業者のソハが、ユダヤ人をかくまう話です。 残酷過ぎる映像はないものの、実話であるというのが忘れてはいけない現実です。 地下での生活を中心に描かれているた …

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …