映画

映画「リンカーン(Lincoln)」★☆☆☆☆(1)

投稿日:

南北戦争の最中、当時の大統領エイブラハム・リンカーンが、
奴隷解放宣言に引き続き、
アメリカ合衆国憲法修正第13条を可決することで奴隷解放の法的根拠を成立させようとする実話です。

非常に興味深いが、特に他国であるアメリカの歴史という難解なテーマを、
非常に分かりやすく教えてくれる映画ではあるのですが、
映画として面白いかどうかは別問題です。

正直私にはあまり面白い内容ではありませんでした。

ほとんどが議会での賛成票を得るための工作のシーンなのですが、
日本語訳の問題なのかどうかわかりませんが、
あまり感動しません。
リンカーンが頻繁に話だす例え話も面白くありません・・・。

日本人の私たちにとって、
弁論でしたら半沢やリーガルハイの方が相当面白いと思われます。

そのため映画としての評価は個人的にはほとんどありません。

しかし、南北戦争やリンカーン、奴隷解放について知るにはこれほどいい映画はないでしょう。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「かぐや姫の物語」★★☆☆☆(2)

高畑勲監督の最新作。 ずいぶんテレビでもドキュメンタリー等があったので見に行きました。 正直期待は大きく外れました。 そもそもストーリーはご存じの竹取物語なので、 驚きも感動もありません。 オリジナル …

映画「ジャッキー・コーガン」★★★☆☆(3)

原タイトルは「Killing Them Softly」であり、1974年の小説、「Cogan’s Trade」(ジョージ・V・ヒギンズ)を原作としている。 Cogan’s Trade (V …

映画「アイアンマン3」3D★★★☆☆(3)

アイアンマン1、2が非常に面白かったため、 映画館に足を運びました... が期待したほどではないというのが正直なところです。 そもそも今回の悪役であるエクストリミス (間の細胞を再生するウィルスのよう …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …

映画「50/50 フィフティ・フィフティ」★★★★☆(4)

主人公アダム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が平凡なので共感をさそいます。 そして、彼を取り巻く人々が、少ないのですがまた平凡かつ実際にいそうなタイプなので、 とりわけドラマチックな感じがしないなが …