映画

映画「スティング (The Sting)」★★★★★(5)

投稿日:

「明日に向かって打て!」で共演した
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再度共演し大成功をおさめた
アメリカン・ニューシネマの代表作の一つです。

タイトルを見ただけではよくわかりませんが、
この映画でのThe String は”とどめの一撃”という意味です。

ギャングに対して一大詐欺で果敢に勝負を挑むのですが、
ストーリー自体が独創的かつ斬新的で、
すっかり騙される?こと間違いなしです。

超実力派が勢ぞろいするこの映画の前では、
現代の映像技術だけでは味わうことのできない本物のトリックを味わうことができるでしょう。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「硫黄島からの手紙」★☆☆☆☆(1)

見れなくもないが、相当な駄作と言わなくてはいけません。 映画館でみればもう少しよかったのかもしれませんが・・・。 まず音響が最悪です。 セリフが何を言っているのか分かりません。 正直字幕があれば楽なの …

映画「アザーマン~もう一人の男~」★☆☆☆☆(1)

96時間のリーアム・ニーソン繋がりで見てしまいました。 これを普通のサスペンスと思ってみると失望します。 恐ろしくくだらないストーリーです。 個々の役者はなかなかのものだと思うのですが、 ストーリーで …

映画「LIFE」★★★★☆(4)

似たようなタイトルが多数ありますが、これは雑誌「LIFE誌」のデジタル化に伴うリストラの話です。 素朴な主人公がリストラに直前になりながら、新しい世界を体験していきます。 痛快です!!スッキリします! …

映画「サイコ」★★★★☆(4)

アルフレッド・ヒッチコックの代表作、サイコです。 驚くべきことは、 この映画が1960年のものだという点です。 今見てなお、狂気を感じる撮影手法と言えるでしょう。 サイコの撮影を描いた 「ヒッチコック …

映画「それでも夜はあける」★★★★☆(4)

アメリカの奴隷制度を題材とした実話です。 この類の実話を映画を通して伝えていくことは映画の役割なのではないか、と最近私は思います。 奴隷制度いかに理不尽であるかを、この映画は十分に伝えています。 また …