映画

映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★★(5)

投稿日:

さすがジェフリー・ラッシュというべき迫真の演技力です。
シャインの時もそうでしたが、
こうした特徴のある役柄をするほど彼の演技力は光るような気がします。

映画館で配られるチラシには
「結末を知ったらもう一度」・・・とあります。

kanteishi

要するに一度見ただけではよくわからないとも言えますが、
十分に理解するためにはパンフレットを購入することをおすすめします。

パンフレットの最後には
「WHAT A SUPRISE!」
※必ず映画ご鑑賞後にご覧下さい
とあり、なるほど~と思いました。

本当にこんなことできんのかよ!っていう思いを押し殺したら、
かなり面白い映画だったと思います。

ニューシネマパラダイスのジュゼッペ・トルナトーレ監督であることも、
人気に拍車をかけていると思うのですが、
個人的にはニューシネマパラダイスに軍配があがっています。
ただ、こうしたジャンルに果敢に挑戦する姿勢と、
映像の隅々まで見逃せない繊細な映像はさすがです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
警告:以下ネタバレ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この映画がハッピーエンドかそれともバッドエンドなのか・・・。

オートマタの完成に伴い、絵画ではなく真の心をもつようになるヴァージル。
これをハッピーエンドととらえることもできるでしょう。

しかし私はこの映画はバッドエンドの物語だと思っています。

ナイト&デイで彼女を待っても結局彼女は来ない。
そのため心を病んでしまって病院行き・・・。
オートマタは所詮人形だったのではないでしょうか。

この映画のすごいところは、
虚栄心のついよながらも一人の老人を、
ありとあらゆる登場人物がよってたかってだまくらかしていたところです。

にも拘わらず、
終始この映画は独特の世界観を壊さず、最後の最後までが一つの作品として楽しめるところでしょう。
「結末を知ったらもう一度」
もあながちウソではないと思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」★★★★☆(4)

驚愕のCG映画です! 今のCGは本気をだせばここまできたのか! と思わせる映像の連続です。 ストーリーは本で読んだとしてもそこそこ面白いのかもしれませんが、 これを映画化するのは大したものです。 あま …

映画「アルゴ」★★☆☆☆(2)

1987年に実際に起こった6人のアメリカ大使館職員の脱出作戦。 アルゴという架空の映画作成を名目にCIA職員が救出にむかいます。 史実のようなのですが、そうだとすればあまりに片側からの視点しかなく、 …

映画「ライジング・ドラゴン」★★☆☆☆(2)

ジャッキーチェンが大好きなのでみてしまいました。 正直かなり残念な作品に思えます。 初めのアクションで、アクションらしいものは完結してしまいます。 中身も正直つまらないの一言です。 ただ、私が子供の時 …

映画「ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中 」★★★★★(5)

アメリカの「ジャッカス」というコメディシリーズの4作目です。 おじいちゃんと子供が、父親のもとへ向かって旅にでます・・・という設定で、 各地でドッキリをしながら回ります。 おじいちゃんと子供とは思えな …

映画「耳をすませば」★★☆☆☆(2)

多感な少年少女の物語といったところでしょうか。 進路に悩むといったあたりは誰にでもあるでしょうから共感すべきところは多いと思います。 ただ後半の物語の空想シーンは正直好きではありません。 この映画の見 …