未分類

CakePHPからphpスクリプトをバックグラウンドで起動する

投稿日:

時間のかかる処理がある場合、
phpスクリプトをキックするだけで画面ではレスポンスを返したい場合があります。

app/Console/Command/text.php
に実行したいphpスクリプトを置きます。
ディレクトリの権限には注意する必要があります。

コントローラー側では以下のようにスクリプトを呼び出します。

public function phpexcute(){

    $cmd='/usr/bin/php /var/www/html/cakephp/app/Console/Command/test.php > /dev/null &';
    Debugger::dump(exec($cmd));
}

ポイントは
/usr/bin/php の引数として実行したいphpファイルを指定することと、
/dev/null &
です。

/dev/null &
をいれないと、処理が終了するまで画面がとまってしまいます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-,

執筆者:

関連記事

asp

IIS で エラー コード 0x80070021 が発生した場合の対処法

Visual Studio でlocalのwebサイトに発行し、下記エラーが発ししました。 Visual StudioはExpress 2013 for web。 LocalのIISはWindows8 …

CakePHPのpaginateのまとめ

joinした列でソートする ソートというのはViewの列名をクリックしてするソートではなく、 ControllerでのSQLのソートです。 virtualFieldsをMoldeに設定します。 ‘Cs …

strposの注意点

文字列が含まれているかどうかをチェックするには strposが高速です。 対象があれば0以上の値をかえしますが、 対象がなければfalseを返します。 そのため !== false の場合は対象データ …

CakePHP FormHelperでhidden属性を設定する

ユーザーIDなどのラベルなどで使用する変更できない値などを渡す場合に便利です。 echo $this->Form->hidden(‘User.cust_code’ ,array(‘valu …

CakePHPのインストール時によくあるエラー

INDEX1 タイムゾーンの設定2 tmpの書き込み権限3 セキュリティ4 Mod_ReWrite5 databaseファイル名6 Debug_kidのインストール タイムゾーンの設定 Warning …