未分類

CakePHPからphpスクリプトをバックグラウンドで起動する

投稿日:

時間のかかる処理がある場合、
phpスクリプトをキックするだけで画面ではレスポンスを返したい場合があります。

app/Console/Command/text.php
に実行したいphpスクリプトを置きます。
ディレクトリの権限には注意する必要があります。

コントローラー側では以下のようにスクリプトを呼び出します。

public function phpexcute(){

    $cmd='/usr/bin/php /var/www/html/cakephp/app/Console/Command/test.php > /dev/null &';
    Debugger::dump(exec($cmd));
}

ポイントは
/usr/bin/php の引数として実行したいphpファイルを指定することと、
/dev/null &
です。

/dev/null &
をいれないと、処理が終了するまで画面がとまってしまいます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-,

執筆者:

関連記事

CakePHPでパスワードを暗号化して保存する

CakePHPでパスワードを暗号化して保存するには、 モデルにbeforeSaveメソッドを以下のように追加します。 モデル User.php App::uses(‘AuthComponent’, ‘ …

CakePHPで定数を定義する

定数の定義には Configの下にconst.php を作成するのが一番良いかと思われます。 そのために、 Config/bootstrap.php に require_once(‘con …

CakePHP FormHelperでhidden属性を設定する

ユーザーIDなどのラベルなどで使用する変更できない値などを渡す場合に便利です。 echo $this->Form->hidden(‘User.cust_code’ ,array(‘valu …

CakePHPのlayoutを指定する

ログイン画面ではメニューが不要であったりと、 レイアウトを変更したい場合はコントローラーのアクションで以下のように指定します。 View/Layout/配下に作成したレイアウトを指定すればよいのですが …

CakePHPでセッションとクッキーの有効期限を設定する

./Config/core.phpを下記のようにすると ブラウザの保存するクッキーは有効期限0で、ブラウザを終了すればなくなります。 一方データベースに保存するセッション情報は15分でなくなるので、 …