猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ヒッチコック」★★☆☆☆(2)

投稿日:

言わずと知れた映画監督の巨匠
「アルフレッド・ヒッチコック」が「サイコ」
を生み出した当時を描いた作品です。

正直、見るにつれて
この映画自体よりも私は「サイコ」
の方に興味がいってしまいました。

映画の中でのヒッチコックは、
デブの人をのぞき見するのが趣味で、
かなり人間的にダメな部分が多く描かれており、
あまり魅力はありません。

宮崎駿などの日本映画の監督はしばしば脚光を浴びていますが、
海外の映画監督に焦点を当てたものはあまり見ないので、
そういった意味手では面白いかもしれません。

なお注目すべき点は、
ヒッチコックを演じるアンソニー・ホプキンスでしょう。
ヒッチコックの映画にかける執念?異常さを見事に表現しています・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ジャッカス Vol.1」★☆☆☆☆(1)

『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』が面白かったので、 別のシリーズも見てみたくなりました。 見る価値はありません・・・。 おすすめしません。 あまりにも気持ち悪すぎます。 ただ、おじいち …

映画「レンタネコ」★★★☆☆(3)

恐らく荻上直子監督の感性と私の感性に共通点がほとんどないのでしょう。 内容は全く面白くありませんでした。 ただ猫の演技?には目をみはるものがあります。 我が家にも「さーこさん」という猫がいるのですが、 …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …

映画「蒲田行進曲」★★★★★(5)

往年の名作です。 ダメ役者ヤス(平田満)が、大物俳優の銀ちゃん(風間杜夫)から、 子供ができたということで、彼女の小夏(松坂慶子)を嫁にしろという展開から、 ヤスが一念発起していきます。 「(小指をた …

映画「her/世界でひとつの彼女」★★★☆☆(3)

声だけのOSの彼女にひかれていく話だ。 主人公のセオドアは、人の手紙を代筆する仕事をしている。 残念ながら、日本語字幕では大した感動はない。 とても残念です。 OSであるサマンサとの関係はこの映画の見 …